FANDOM


アイデルEidel)はSS-ライプシュタンダーテのオフィサーであり、アドルフ・ヒトラーの権力中枢部の側近メンバーの1人である。彼は軍人というより事務員であり、他人に自分の権力を見せ付けるのを楽しむ小柄な役員だった。そのため、ディートリッヒ大佐は彼を嫌っていた。アイデルは契約のアークを探索する命令をディートリッヒに出し、フランス人ベロックを雇うように言った。

舞台裏 編集

アイデルはキャンベル・ブラックが書いた『レイダース・失われたアーク《聖櫃》』の小説にのみ登場する。彼の階級は明らかにされていないが、ディートリッヒに命令する立場にあることから大佐より上であることが示されている。

登場作品 編集