FANDOM


「総統から定期的に経過報告をしろと命ぜられてるんだ。あの方は忍耐強い方ではないからな」
ヘルマン・ディートリッヒ[出典]

アドルフ・ヒトラー[1]Adolf Hitler 他に"Führer"<総統>とも呼ばれる)は契約のアーク聖杯を手に入れようとしたナチス・ドイツのリーダーであり、ムズグローヴ大佐は彼を"オカルトの亡者"と表現した。

経歴 編集

「もちろん聖櫃を手に入れたい。聖櫃は帝国のものだ。そういう骨董品は、必ずやドイツのものにならなければ」
―アドルフ・ヒトラー[出典]

第一次世界大戦で兵士だった彼は、国家社会主義のイデオロギーとアーリア人の優越を唱え、自伝的な"我が闘争"を出版し有名になっていく。彼は、ヴェルサイユ条約はドイツ弱体化につながるという見解を持っていた。

1929年ワユアのリーダー、マレイワはヒトラーと同盟を結ぶためにアリコーンを使った。マレイワは後で裏切るつもりだった。ところが、2人が会う前にマレイワはインディアナ・ジョーンズによって止められた。

1930年代には政権が国家社会主義ドイツ労働者党のものになり、ヒトラーはドイツのフユーラー(総統)になった。ヒトラーはドイツの多くの民主的な政策を取り除き、ドイツの産業と軍事の再建を行った。また、彼が嫌っていたユダヤ人、ジプシー、共産主義者、同性愛者、および政治での反対者を排除していった。

Hitler Indiana Jones.jpg

ヒトラーとジョーンズ

ヒトラーはアーリア人優越の考えを助けるため、また武器として利用できるため、オカルトや考古学遺物に興味を抱き、ナチス・ドイツはそういったものを世界中で発掘した。

1938年、ヒトラーがアーリア文化研究所焚書集会で本にサインしながら歩いていたとき、ナチス将校の制服を着た男と向き合った。その男はドイツ兵に変装していたインディアナ・ジョーンズだった。だが、ヒトラーは気づかず、彼が手にしていた聖杯日誌を開き、側近からペンを受け取ると"アドルフ・ヒトラー"とサインし、驚いていたジョーンズに返された。


ヒトラーはドイツの発展を求め、1939年ポーランドに攻め入った。これがもとで第二次世界大戦が始まり、1945年にはドイツが敗北したため、ヒトラーはベルリンで自殺した。

舞台裏 編集

インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』でヒトラーを演じたのはマイケル・シェアードである。彼の名はクレジットには出なかった。シェアードは『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』でオスカー・ションバーグの役を演じていた。『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』(彼はオッゼル提督を演じた)ではハリソン・フォードジュリアン・グローヴァーと共演している。また、シェアードはテレビ映画『Rogue Male』 (1976年)、テレビシリーズ『The Tomorrow People』(1978年)、テレビ映画『The Dirty Dozen: The Next Mission』(1985年、この作品にはディートリッヒ役のヴォルフ・カーラーも出演している。)、ドキュメンタリー『Hitler of the Andes』(2003年)でヒトラーを演じている。他にも3回ハインリヒ・ヒムラーの役を演じたことがある。

登場作品 編集

英語の題名は未邦訳作品。

参考 編集

脚注 編集

  1. カタカナ表記は『アルティメット・ガイド』に基づく。

外部リンク 編集

Wikipedia-logo-v2.svg アドルフ・ヒトラーフリー百科事典ウィキペディア

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki