FANDOM



「彼はタニスにとりつかれているんだ。タニスの熱心な収集家だった。だが都市を見つけるまでには至らなかったんだ」
―契約のアークとアブナーレイヴンウッドことを話すインディアナ・ジョーンズ[出典]

アブナー・レイヴンウッド[3]Abner Ravenwood)はシカゴ大学エジプト学者考古学者である。彼はインディアナ・ジョーンズの師だった。彼は大学でインディアナ・ジョーンズを教え、死後にマット・ウィリアムズの祖父となった。レイヴンウッドの一生の夢は契約のアークを見つけることだった。

経歴 編集

アブナー・レイヴンウッドはフリンダーズ・ピートリーを援助することによって彼の人生の初期を費やした。パレスチナを発掘して、彼はエールハーヴァード[2]で歴史と考古学の学位を取得した。彼もフランツ・ボアスの指導で人類学も研究した。あるところで人類学についてサー・エイドリアン・ブライドスワイトと話しているときに彼は、勇敢な個人レポートで他の文化とこの国の関わりについて当時のイギリス人を「書斎の人類学」で非難した。ブライドスワイトはこの非難に怒ったが、後にそれが正当なことだと理解した。レイヴンウッドの非難は1910年のブライドスワイトのアフリカ探検のきっかけでもあった。[2]

レイヴンウッドは彼のキャリアの中で数回太平洋の島、マレクラを探検した。そこで彼は島の住民によって追い払われ、エボニィ・ドーヴを失った。[2]

1909年3月、レイヴンウッドの娘、マリオンが生まれる。[1]

後の6月、アブナーは若きエルサレムで、後にインディアナ・ジョーンズとして知られるヘンリー・ジョーンズ・ジュニアに出会った。ジョーンズはレイヴンウッドがマウント寺院の下がアークの休息所である可能性を示す地図を持っていることを知る。レイヴンウッドはアークが他のどこかに埋められていると考えていた。そしてある日、別の考古学者が発掘することでそれを証明した。[2]

1920年代までには、レイヴンウッドはシカゴ大学でもっとも古くから勤めている教授となった。ハロルド・オックスリーインディアナ・ジョーンズは彼の学生の1人だった。[4]レイヴンウッドはジョーンズが彼がこれまで教えてきた学生の中で最も才能があると考えた。彼らの関係は発展してレイヴンウッドは彼を息子のように愛するようになった。[5]あるところでこの教授と学生は極地探検家エヴリン・ブリッグス・ボールドウィンの講義に出席した。[2]

彼の夏はエジプト中東の発掘に費やされた。アークの手がかりを捜し求めることは彼の強迫観念となった。シカゴ大学での学究的な義務を無視し続けた結果、アブナーはあの遺物をあきらめるかまたは大学を去るかの2択を迫られた。アブナーは後者を選択すると、彼の探索を続けた。彼のただ1人の子供を1人暮らしさせるわけにはいかなかったため、レイヴンウッドはマリオンを連れて世界中を旅して周った。彼らはアークを求めてヨーロッパ、エジプト、イラクイランを探し回った後にネパールに住んで 宿屋 / バー を始めた。アブナーは周囲の山での発掘のために収入を使っていった。[2]

1925年、アブナーは契約のアークを探す最後の探索場所を手紙でインディアナ・ジョーンズに知らせ、援助の要求と共に彼の日記を送った。[6]その間、ジョーンズとマリオンは恋人同士となった。[1]1年後にジョーンズはエルサレムでレイヴンウッドに再会した。[2]そこではタニス地図の間魂の井戸を見つけることはできなかったが、アブナーはエジプトサン・エル=ハガーの村の近くでラーの杖飾りを回収した。[1]

1927年の日記にはアブナーとジョーンズが新疆を探索したことが書かれている。[2]7月の後、彼らの友情崩壊の原因となった、若い男とマリオンの関係について張本人であるジョーンズに立ち向かった。2人の最後の会話において、アブナーは当時28歳のジョーンズが彼女の「愚かな執念」を利用して彼女を自分の目的に捻じ曲げたことを責めた。[7]

1930年代にヒマラヤ山脈を探索しているときに古代東洋の権威者で皇帝中国始皇帝[2]の墓に興味を持ち、レイヴンウッドの意見は電報を通じて新聞で取り上げられた。1935年にインディアナ・ジョーンズがインド禁じられた目の寺院を発見すると、[2]レイヴンウッドの名がついた手紙ともと学生の手紙がやり取りされた。彼は山での何ヶ月もの調査の後、アークはアレキサンダー大王の軍がタニスへ戻るためにネパールを通ったとき、山に隠されたと考えた。1936年[2][8]この人工遺物を探しているときに雪崩が起き、レイヴンウッドは死んだとされた。

その後 編集

この記事は書きかけです。あなたはこれを編集することによって私たちを助ける ことができます。何を足せばよいかのヒントについてはノートを参考にしてください。

舞台裏 編集

頻繁に言及される人物であるが、生きたままでは1度も登場したことがない。そのため、謎の多い人物となっている。日本語に翻訳されているもので彼が登場するのはレイダースとクリスタル・スカルの王国のみである。

  • レイダース』の脚本を書いたローレンス・カスダンはできるかぎり続編でアブナーが登場できるようにした。そのため、彼の死は確実なものではなかった。
    GuyInTheMask.jpg

    マスクを被った謎の人物

  • コミックの『 The Further Adventures of Indiana Jones(直訳すると「さらなる冒険」。未邦訳シリーズ)』ではアブナーが生きているという噂によってインディとマリオンの冒険が描かれている。このコミックには仮面を被った謎の人物がアブナーかもしれない人物として登場した。
  • 最後の聖戦』の初期の段階では、冒頭の場面にアブナーが登場することも考えられていた。だが、最終的にはガースが登場し、コロナドの十字架をめぐって争奪戦を行うことになった。
  • ヤング・インディ・ジョーンズ』にアブナーが登場すると予定されたこともあった。それは1909年にインディが彼に出会うというものだったが、結局、作られなかった。
  • コミックの『 Indiana Jones and the Lost Horizon (直訳すると「失われた地平線」。未邦訳作品)』ではアブナーがどのようにしてラーの杖飾りを発見したかが描かれる予定だったが、実現しなかった。そのとき書かれた絵がこのページのトップの絵となっている。その絵は俳優のウィルフォード・ブリムリーを参考にしたもの。
  • ゲーム、『 Indiana Jones and the Emperor's Tomb (直訳すると「皇帝の墓」。未邦訳作品)』ではアブナーのコンセプトアートを見ることができる。その絵は俳優のトム・セレックを参考にしたものである。もともとセレックは『レイダース』でインディを演じる予定だった。
  • Indiana Jones com.では『クリスタル・スカルの王国』でジョン・ハートがアブナーを演じるのではないかと書かれていた。だが、彼が演じたのはオックスリーだった。

登場作品 編集

脚注 編集

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 インディ・ジョーンズ アルティメット・ガイド
  2. 2.00 2.01 2.02 2.03 2.04 2.05 2.06 2.07 2.08 2.09 2.10 2.11 Abner_RavenwoodIndiana Jones Wiki(アメリカ版)
  3. カタカナ表記は『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』 小説に基づく。
  4. インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
  5. レイダース/失われたアーク《聖櫃》
  6. The Lost Journal of Indiana Jones
  7. 『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』 小説
  8. レイダース/失われたアーク《聖櫃》』の小説版では1934年。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki