FANDOM


アレックス・マンドラキ大佐[1]Alex Mandraki)は1922年ギリシャ国王を暗殺する計画を企て、実行しようとした、ギリシャの軍人である。彼は恋人のドリアン・ベルカマスと共にそれをやろうとした。ドリアンはソルボンヌ大学の学生だったインディアナ・ジョーンズを騙し、彼に国王を殺させようとした。だが、彼の友人のジャック・シャノンテッド・コンラッド、ギリシャの少年ニコスにそれを阻まれる。マンドラキはジョーンズを射殺しようとするが、弾はドリアンに命中し、彼女は死亡した。その直後、国王のガードに撃たれ、マンドラキも死んだ。

舞台裏 編集

彼のギリシャ語での名は、Αλέξης Μανδράκης(アレックス・マンドラキ)である。

登場作品 編集

脚注 編集

  1. カタカナ表記は『神々の陰謀』に基づく。
この記事は書きかけです。あなたはこれを編集することによって私たちを助ける ことができます。何を足せばよいかのヒントについてはノートを参考にしてください。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki