FANDOM


「イマムはいろんなことに興味があるんだ。僧侶だし学者だし、天文学者でもある。文字の解読ができるのも彼だけさ」
サラー・エル=カヒール[出典]

イマム[1]Imam)はエジプトカイロの郊外で生きた老人である。

経歴 編集

彼はサラー・エル=カヒールの知人である。1936年、サラーは聖職者であり、学者、天文学者でもあるイマムが、インディアナ・ジョーンズの探索する契約のアークナチより先に手に入れる要となるラーの杖飾りの古代文字の翻訳をできると確信していた。[2]

そのメダルの裏側に書かれたことを明らかにしたのはイマムである。タニスの地図の間で契約のアークの正確な位置を測定するときに不可欠なことが書かれていたのだった。[3]

アブはイマムの見習いとして彼の下で訓練していた。[2]

舞台裏 編集

レイダース/失われたアーク《聖櫃》』でイマムを演じたのはトゥティ・レムオウである。

イスラム教において、イマムはモスクのリーダであり、及び / またはコミュニティの集会でのリーダーである。

登場作品 編集

参考 編集

脚注 編集

  1. カタカナ表記は『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』 小説に基づく。
  2. 2.0 2.1 『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』 小説
  3. レイダース/失われたアーク《聖櫃》

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki