FANDOM


小説版インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』(Indiana Jones and the Kingdom of the Crystal Skull novel)はジェイムズ・ローリンズ(翻訳漆原敦子)によって書かれた4番目の映画小説版である。

アメリカではデル・レイが映画公開の2日前、2008年5月20日にハードカバー版を売り出した。デル・レイの文庫本(ISBN: 978-4-15-04-1174-9)は2008年の11月25日に発売された。イギリスでは小説が2008年5月22日にペーパーバック形式(ISBN: 009192667X)でエブリー・プレスから発行された。小説のカセット・ブックバージョンではCD(ISBN: 0739358987)でランダム・ハウス・オーディオのL.J.ガンサーから発売された。

ストーリー編集

かつて神聖なる力を守り、文明発祥の地を邪教集団の手から救い、悪の軍勢に勝利した男、考古学者にして冒険家インディ・ジョーンズが帰ってきた! 時は1957年。メキシコで遺跡の発掘調査にあたっていたインディは、ソ連の特殊部隊に拉致される。彼らの目的は、ネヴァダ州の秘密基地に眠る最高機密を強奪することだった。神秘的なパワーを宿すクリスタル・スカルをめぐって史上空前のアクションが展開する話題の映画化原作

(インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 あらすじより)

登場 編集

登場人物 編集

登場した遺物 編集

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki