FANDOM



「インディ・ジョーンズ 失われたアーク《箱舟》伝説」は著者ロブ・マクレガー、訳小口和香の『インディ・ジョーンズ シリーズ』スピンオフ小説版の第4弾である。アメリカでの原題では『Indiana Jones and the Genesis Deluge(インディアナ・ジョーンズ 洪水伝説)』。また、第3弾は『インディ・ジョーンズ 第七の魔力』、第5弾は『インディ・ジョーンズ ユニコーンの遺産』である。

ストーリー編集

―アララット山に《ノアの箱舟(アーク)》を見た! 革命後のロシアからアメリカに亡命した医師ゾボロツキーは戦争中、アララット山で偶然に《ノアのアーク(箱舟)》を目撃し、その木片を持ち帰った。そして、再びアララット山に登り、箱舟の実在を証明せんと躍起になっていた。一方、恋人を亡くしたインディは、心の傷を癒すべく、新たなフィールドワークを求めていた。 時はまさに“狂騒の20年代”。とんだ事からカポネに追われるハメになったインディは、ゾボロツキー達と共にトルコへ向かう。彼らを阻止するボリシェビキ党員、謎のオスマン・トルコ軍団。 ・・・・・・古代の伝説は"事実"となるか!? シリーズ極めつけ第4弾!(インディ・ジョーンズ 失われたアーク《箱舟》伝説 あらすじより)

登場編集

登場人物編集

登場場所編集

カバー・ギャラリー編集

関連項目編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki