Fandom

インディ・ジョーンズ Wiki

インディ・ジョーンズ/最後の聖戦 (小説)

< インディ・ジョーンズ

340このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

小説版インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』(Indiana Jones and the Last Crusade novel)はロブ・マグレガー(翻訳大森望)によって書かれ、1989年6月にバランタイン・ブックス(日本ではハヤカワ文庫)から発売された映画『最後の聖戦』の小説版である。本は2008年に『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』と『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』と共にデル・レイによって再刊された。

ストーリー編集

インディ・ジョーンズは大富豪ドノヴァンから相談を持ちかけられる。磔に処せられたキリストの血を受けた聖杯の所在を示す重要な手がかりを入手したが、調査隊の隊長が行方不明となったので、代わって探してほしいという。そしてその隊長こそ、聖杯研究の第一人者である父のヘンリー・ジョーンズその人だった。インディは、父が最後に消息を絶ったベニスへと向かう。伝説の聖杯を求め陸海空を縦横無尽に駆けるインディ!

(インディ・ジョーンズ/最後の聖戦 あらすじより)

登場 編集

登場人物 編集

登場した遺物 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki