FANDOM


「インディ・ジョーンズ 炎の聖剣」は著者マーティン・カイディン、訳石川順子の『インディ・ジョーンズ シリーズ』スピンオフ小説版の第8弾である。アメリカでの原題は『Indiana Jones and the White Witch(インディアナ・ジョーンズ 白魔女)』。また、第7弾は『インディ・ジョーンズ 魔空の覇者』、第9弾は『インディ・ジョーンズ 賢者の石』である。

ストーリー編集

1930年。イギリス、ニュー・フォレストの森の奥深く、白魔術を信仰し、現代と切り離されたように、ひっそりと暮らす村がある。この霧に閉ざされた隠れ里をある日、世界制覇を目論む国際犯罪組織が襲い、虐殺の限りを尽くした。首謀者コルダスの狙いは、古代の財宝のありかを示す地図だった。邪悪な野望を阻止するために立ち上がるインディ。コルダスを追う英国諜報部。キリスト時代の金貨の行方を追うバチカン。そして、アーサー王伝説語り継がれた幻の聖剣、炎の剣カリバーンを手に、復讐に燃える美しき白魔女。それぞれの思惑を乗せ、グラフ・ツェッペリン号は、財宝が眠るアメリカ大陸をめざし飛び立った!最新シリーズ第8弾!(インディ・ジョーンズ 炎の聖剣 あらすじより)

登場人物編集

関連項目編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki