Fandom

インディ・ジョーンズ Wiki

インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説

< インディ・ジョーンズ

340このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』とは1984年5月23日に公開された『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』の前日譚であり、「コンプリート・アドベンチャーズ・オブ・インディ・ジョーンズ」のチャプター23である。

舞台は『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』の1年前、物語はインドにおいて、宗教カルト集団彼らの神の統治を全世界に広めるため小さな村から盗んだ聖なる石インディアナ・ジョーンズが取り戻そうとする姿を描く。

この映画は1999年にVHSで発売され2003年にはDVD、2008年にもスペシャル・エディションDVDとして再発売された。2012年にはHD化され「インディ・ジョーンズ コンプリート・アドベンチャーズ」の1作として売り出された。

概要編集

プロローグ:1935年 上海編集

レイダース/失われたアーク《聖櫃》』の物語から1年前、インディは中国上海の<ナイトクラブ・オビ・ワン>でギャングのラオ・チェーにダイヤモンドピーコック・アイと引き換えにヌルハチの遺灰を届けようとしていた。ラオはクラブの歌手ウィリー・スコットをインディに紹介し、取引が終わった後にインディがシャンパンを飲むとラオは笑い声を上げる。彼は解毒剤を出し、インディが飲んだシャンパンに毒が入っていたことを明かす。給仕に変装したインディの友人ウー・ハンが銃を持って現れたが、ラオ・チェーの息子チェンはウー・ハンを撃ち殺す。インディは復讐のためにチェンを殺し、クラブで騒ぎが起きる。インディは解毒剤を追い、ウィリーはピーコック・アイを探した。その中で偶然彼女は解毒剤を発見し、ドレスに入れた。その後、ラオ・チェーのもう1人の息子カオ・カンはマシンガンを持って現れた。インディは巨大な銅鑼を盾にし、狂ったように乱射するカオ・カンの弾を避け、ウィリーをつれて 窓から降り、相棒の少年ショート・ラウンドが運転する車に着地した。ラオ・チェーは部下を連れ、インディたちの車を追った。車は空港に到着し、3人は用意された飛行機に乗った。インディは飛行機のドアを閉めた。3人とも気づかなかったが、その飛行機はラオ・チェーのものだった。彼はパイロットに3人を殺すように命じた。

Stones.jpg

サンカラ・ストーンの発見

インド編集

ラオ・チェーの手下である飛行機のパイロットたちはパラシュートで飛行機を飛び降り、3人を残していった。3人はゴムボートに乗ると飛行機を飛び出し、山を滑り、川に流され、インドの小さな村に到達した。村人はパンコット宮殿のサギーたちが村の子供全員と聖なる石を奪ったと説明した。村人は3人の英雄に宮殿へ行くための象を貸した。

始めのうちは宮殿はまともなところに見えた。マハラジャの宰相チャター・ラルに出迎えられ、インディは彼に村での話をした。だが、彼はそれを侮辱と呼び、村人が嘘をついたといった。晩餐会の後、インディは部屋で暗殺者に襲われる。彼を撃退すると、秘密の出入り口があると考え、ウィリーの部屋で発見する。3人が地下の秘密の空間を発見するとそこでは女神カリを祭るサギーの儀式が行われていた。インディ、ウィリー、ショート・ラウンドは最高位の祭司モラ・ラムが人間をいけにえにするのを見た。彼は村の子供を使い、地下の鉱山を掘らせ、失われた2つの聖なる石を探していた。さらに村から盗まれた石もそこにあった。彼の望みは世界制覇だった。

Templeofdoom.jpg

死の寺院

インディ、ウィリー、及びショート・ラウンドはサギーの衛兵に捕らえられ、インディは拷問の後、"母なるカリの血"を飲まされる。彼はその液体で"夢"に陥り、サギーの味方になった。ショート・ラウンドは鉱山で村の子供たち共にに鎖に繋がれ、ウィリーは儀式のいけにえとなった。ショート・ラウンドは逃げ出し、インディを普通の状態に解放した(炎によってこの昏睡状態から覚めることができる)。インディはショート・ラウンドと共にウィリーを助け出し、シャンカラ・ストーンを取り返すと残忍な奴隷の見張りと戦い、彼を破った。そして子供たちを宮殿から逃がした。

Indycapture.jpg

モラ・ラムに捕まったインディ

インディと彼の友人たちはトロッコに乗ると坑道を走り出した。サギーの追跡者たちも2つのトロッコに乗ると彼らを追った。インディたちは絶壁まで逃れ、そこから地上に這い出した。古い橋があり、インディはそこへいくまでに2人の衛兵を倒した。先に渡っていたウィリーとショート・ラウンドはモラ・ラムに捕まった。インディは橋の中央に立つと山刀で橋を断ち切った。橋がはしごのようになり、彼らは必死にしがみついた。モラ・ラムは登る途中でインディから石の入ったバッグを奪おうとする。インディはシバの神にそむいた男に古い呪文を唱えた。神の怒りによってバッグに火がつき、3つのうち2つの石が落ちた。モラ・ラムは最後の1つの石を落ちる前につかんだが、彼の手は焼けた。モラ・ラムは痛みで手を離し、下にいる空腹なワニに食べられる。インディは冷たくなった最後の石を手に持ち、上に上がった。サギーの残っていた衛兵たちはイギリス軍によって殺され、または逮捕された。

インディと友人たちは勝利に浸りながら村に戻り聖なる石と子供たちを返す。ウィリーは故郷のミズーリ州へ帰ると言うがインディはムチで彼女を引き寄せる。ふたりが近づきキスしかけたときショート・ラウンドの象がふたりに水をかける。

登場 編集

キャスト編集


その他のキャラクター編集

場所編集

遺物編集

舞台裏編集

プロダクション編集

この映画は大部分をスリランカとイギリスのハートフォードシアにあるエルス・スタジオで撮影した。インド政府は脚本の細かいところに指示をしてきたため、スリランカに移った。また、上海のシーンはマカオで撮影された。

反応編集

暗いテーマや暴力シーンのために多くの評論家から否定的な批評を受けた。この映画は前作より内容がはるかに暗く(ルーカスが離婚したということに関係している)、乱暴で恐ろしく、インドへの偏見であると評された。4作品の中でも最も興行収入も低い。また、モラ・ラムは最も評論家に悪い評価を得た。

削除シーン編集

  • パンコット宮殿への途中でインディ、ウィリー及びショート・ラウンドは「エニシング・ゴーズ」(冒頭でウィリーが歌っていた曲)を歌う。
  • ウィリーが眠っている間に彼女の方をヘビが這う。
  • 石を盗むときにインディはヘビの像を畏敬を込めてそれに触れる。
  • ウィリーは1度自分の部屋に戻り、チャター・ラルと衛兵に遭遇する。そしてチャタール・ラルはカルトの一員であると明かす。
  • ショート・ラウンドが鉱山を掘っていたときに衛兵が溶岩に足を焼かれて黒い眠りから目を覚ます。ショート・ラウンドはインディの目を覚ますにはどうすればよいかを理解した。
  • インディがウィリーを救った後にチャター・ラルは負傷から回復し、インディを攻撃する。2人は生贄用の檻の上に立ち、ウィリーがレバーを引くと檻が下がってチャタール・ラルは溶岩で死亡した。

インディ、ウィリー及びショート・ラウンドが宮殿から出るときに溶岩を渡るために橋を架ける。

評価編集

『魔宮の伝説』の一部はかなり陰惨シーンがあり、他のPG指定の映画から大きな抗議を受けた。スピルバーグ監督は『魔宮の伝説』を当時は存在しなかったPG-13のカテゴリの創造につながった。この映画は非情に暴力的なシーンを含んでおり、昆虫恐怖症や心臓をつかみ出す多くの残酷なシーンがある。

トリビ 編集

  • 冒頭の中国語の会話シーンは上海の方言である。
  • いつも「ウィリー」と呼ばれているが、本名は「ウィルヘルミナ」である。これはルーカスフィルムの映画などで敵が死んだときに響くウィルヘルムの叫びとウィリーの絶叫シーンが多いことに由来する冗談である。
  • また、俳優 / レスラーのパット・ローチがこの映画に登場する。彼は鉱山の衛兵隊長としてインディと戦った。彼は『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』でも2役を演じている(また、彼は『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』にカメオ出演している。)。

小説編集

1984年にジェイムズ・カーンの書いた小説版レス・マーティンが書いたジュニア版が発売された。2008年の『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』公開にあわせてジェイムズ・カーンの小説が再刊され、スザンヌ・ウェインが書いた新しいヤングアダルト小説も発売された。

ホーム・ビデオ編集

映画は1986年にVHSが発売された。後にDVDも出た。

外部リンク編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はインディ・ジョーンズ/魔宮の伝説にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki