Fandom

インディ・ジョーンズ Wiki

インディ・ジョーンズ (フランチャイズ)

インディ・ジョーンズ シリーズから転送)

340このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

この記事は 全体的なフランチャイズについて書かれています。あなたが探しているのは キャラクターかもしれません。

Indiana Jones logo.svg

ほとんどのインディ・ジョーンズ製品に見られるロゴ

インディ・ジョーンズ』(Indiana Jones)はジョージ・ルーカスによって誕生したアクションアドヴェンチャーのシリーズである。タイトル名は主人公の考古学者/冒険家のインディ・ジョーンズにちなんでつけられている。また、日本では「インディ・ジョーンズ」が一般的であるが、これは「Indiana」の略の「Indy」であり、名字と合わせて「インディ・ジョーンズ」と呼ばれている。英語では「Indiana Jones」かまたは「Jones」をつけず「Indy」のみで呼ぶ。

概要 編集

1981年の最初の作品以来、シリーズは続いている。インディ・ジョーンズ商品と彼の人生には新たな設定が追加されている。物語は(主に冒険)インディアナ・"インディ"・ジョーンズとして知られる考古学者で大学教授のヘンリー・ウォルトン・ジョーンズの発見に関するものである。彼までの設定では彼は青年時代に20世紀の歴史的な人物と会い、彼は宗教的な遺跡、伝説の遺物を発見する。

インディは多くの歴史上の人物に会い(ときには助けられた)、その中にはT.E.ロレンスパンチョ・ビリャアルベルト・シュヴァイツァーニコス・カザンザキスパブロ・ピカソシグムート・フロイトその他にも様々な人物にあ会った。また、契約のアーク聖杯運命の槍アヴァロンアトランティスエル・ドラドを発見し、ロズウェルの墜落後の気味の悪い死体回収にも参加した。彼が発見したものは大抵のものが公には明かされず、遺跡や倉庫などに永遠に隠されたまま、危険な力を持ち続けている。

彼の発見にはしばしば"悪役"が現れ、妨害をする。悪人は典型的なナチスのエージェントが多い。その以降の期間ではナチスがソ連に"置き換え"られている。

一覧 編集

設定 編集

インディ・ジョーンズの冒険は第一次世界大戦から第二次世界大戦の周辺の時代設定が多い。実際のできごとや著名人が頻繁に登場する。

神話や、伝説、伝説的な遺物が数多く登場し、実際にある伝説と、フィクションの伝説の真相があり、クロスオーバー作品もある。

作品 編集

これまでのところ、4つの映画が公開されており、1981年、最初の作品『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』、1984年、続編『魔宮の伝説』1989年、その続編『最後の聖戦』、2008年、最新作『クリスタル・スカルの王国』が公開された。

4作目公開後、さまざまなファンサイトで5作目の噂があるが、ジョージ・ルーカスの正式発表はない。

主なキャラクター 編集

キャラクター 作品
レイダース/失われたアーク《聖櫃》インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説インディ・ジョーンズ/最後の聖戦インディ・ジョーンズ/若き日の大冒険インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
インディアナ・ジョーンズ ハリソン・フォード ハリソン・フォード
リヴァー・フェニックス
ショーン・パトリック・フラナリー
コーリー・キャリアー
ジョージ・ホール
ハリソン・フォード
ハリソン・フォード
ヘンリー・ジョーンズ・シニア ショーン・コネリー
アレックス・ハイド=ホワイト
ロイド・オーウェン
アンナ・ジョーンズ ルース・デ・ソーサ
マリオン・レイヴンウッド カレン・アレン カレン・アレン
マット・ウィリアムズ シャイア・ラブーフ
ヘレン・シーモア マーガレット・タイザック
T・E・ロレンス ジョゼフ・ベネット
ダグラス・ハンシャル
レミ・ボードワン ロニー・クートゥール
マーカス・ブロディ デンホルム・エリオット デンホルム・エリオット
サラー ジョン・リス=デイヴィス ジョン・リス=デイヴィス
ショート・ラウンド ジョナサン・キー・クアン
ウィリー・スコット ケイト・キャプショー
ハロルド・オックスリー ジョン・ハート
マック レイ・ウィンストン
ルネ・ベロック ポール・フリーマン
モーラ・ラム アムリッシュ・プリ
ウォルター・ドノヴァン ジュリアン・グローヴァー
イリーナ・スパルコ ケイト・ブランシェット

スピンオフ 編集

拡張された冒険は4つの劇場映画の公式設定に沿って描かれている。

コミック 編集

インディ・ジョーンズ シリーズには多くのコミックが存在する。

アメリカでは、マーベル・コミックスが1980年代に最初の映画3作のコミック版を出版した。1983年から1986年にかけて34のコミックの物語をつくり、"The Further Adventures(さらなる冒険)"と題名をつけた。ダーク・ホース・コミックスは1991年から1995年まで(インディ・ジョーンズ/若き日の大冒険のコミック版を含む)様々な話を描いた。2008年に再出版している。

アメリカ以外ではインディ・ジョーンズ・コミックは1990年代初頭にイギリスとフランスで出版された。2008年にはイギリスがインディ・ジョーンズ・コミックといった雑誌にダーク・ホース・コミックスの物語の載せて出版した。

小説 編集

ヤング・アダルト 編集

IndianaJonesAndThePlantationTreasure.jpg

『ヤング・インディ・ジョーンズ 裏切りの館』

1990年代以降、ランダム・ハウスは若い読者へ向けたインディの物語を出した。このシリーズは12歳から15歳までの思春期のインディの冒険が中心だった。カバーのイラストには『最後の聖戦』のリヴァー・フェニックスに似せた外観の若きインディが書かれている。1993年に『新ヤング・インディ・ジョーンズ 魔海の伝説』から始まり、『インディ・ジョーンズ/若き日の大冒険』のキャラクターもこれに登場した。ランダム・ハウスは1995年、『Young Indiana Jones and the Eye of Tiger』を最後にシリーズを終えた。また、まだ、公開していなかった2つの物語(『Young Indiana Jones and the Mask of the Madman』と『Young Indiana Jones and the Ring of Power』)があることを発表した。

一方、ランダム・ハウスの書籍のアシェット・リーヴル翻訳のフランス版は大きな成功を収め、会議された。そして1997年に同社の独自のフランス語の物語を公開する権利を得た。次の2年間でアシェットはグリーン・ライブラリの一環として7つのインディ書籍を発表した。

ゲーム・ブック 編集

ゲーム・ブック(また、時にはアドヴェンチャー・ブックと呼ばれる)は読者が物語の重要なポイントで選択を行うことで物語に参加できるようにした本。これは1980年代半ばのバンタム・ブックスの『Choose Your Own』シリーズが最も人気だった。

インディ・ジョーンズ・ゲーム・ブックの数は年々増えていっている。バランタインは『Find Your Fate Adventure』などを出版した。こういった書籍では主人公はインディのいとこになる。著者は主にR・L・スタインで元々シリーズは1984年から1987年まで出版され、1994年に再出版された。

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki