FANDOM


「インディ・ジョーンズ 巨人の舞踏」は著者ロブ・マクレガー、訳小口和香の『インディ・ジョーンズ シリーズ』スピンオフ小説版の第2弾である。また、第1弾は『インディ・ジョーンズ 神々の陰謀』、第3弾は『インディ・ジョーンズ 第七の魔力』である。

ストーリー編集

アーサー王伝説に登場する魔術師マーリンは実在した―ロンドン大学のある女生徒が提出したレポートに、インディは興味をかきたてられた。マーリンの実在を証明する金の巻物が眠る、と伝えられているスコットランドのニニアン洞窟に向かうインディだったが、数々の妨害が待ち受けていた。毒蜘蛛、サソリ、毒ガス・・・・・・いったい、誰が、何のために!? その事件の背後で見え隠れする、どす黒い野望を持つ集団とは? "巨人の舞の復活"とは何を意味するのか? 今もって解明されない英国の古代遺跡ストーンヘンジの謎に挑戦するインディの冒険を描いた、シリーズ第2弾!(インディ・ジョーンズ 巨人の舞踏 あらすじより)

登場編集

主な登場人物編集

登場場所編集

カバー・ギャラリー編集

関連項目編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。