FANDOM


「あの女の困ったところはうるさいことだ」
インディアナ・ジョーンズ[出典]

ウィルヘルミナ・"ウィリー"・スコット[1]Wilhelmina "Willie" Scott)は1930年代前半に、上海である程度成功したアメリカ人歌手であり女優である。

経歴 編集

「あたしはミズーリに帰るのよ。いけにえの心臓をつかみ出したり、火の穴の中に吊りさげたりする邪悪な人間なんか、絶対にいないところに。あたし、思いあがってたときには、一度もそんなこと考えなかった。でも、もう、冒険はもうたくさん!」
―ウィリー・スコット[出典]

ウィルヘルミナ・スコットはミズーリ州の農場で育てられたが、彼女の野心は若い頃からハリウッドに向いていた。彼女の両親は養鶏農家であったが彼女の祖父の1人はステージに立つマジシャンだった。[2]

美人コンテストで優勝した彼女は歌手、ダンサー、女優として成功を目指すが大恐慌によってアメリカの映画産業に入り込めず、シカゴニューヨーク[2]を去った。スコットは東洋に逃れた。そこで彼女は幾つかの上海プロダクションで仕事を得た。彼女の努力は地元の犯罪組織のボス、ラオ・チェーの注意を彼女に向けさせた。チェーは彼の人気のあるナイトクラブ、クラブ・オビ・ワンで彼女を歌手として雇った。[3]

Anything

『エニシング・ゴーズ』を歌うウィリー・スコット

1935年、スコット(この頃、彼女は芸名のウィリーとして知られていた)はコール・ポーターの『エニシング・ゴーズ』を歌い終えると、丁度考古学者インディアナ・ジョーンズと彼女のボス、ラオ・チェーが交渉中のテーブルに加わった。ことの重大さを知らない彼女はジョーンズの職業をからかった。カオ・カンがジョーンズに銃を向けるとジョーンズはスコットを人質にとって長いフォークをつかんだ。ジョーンズが毒を飲まされた後にスコットは取引材料であるダイヤモンドを探して床を周った。ジョーンズは解毒剤を探した。スコットは解毒剤の小瓶を見つけるとドレスにそれを滑り込ませた。マシンガンが火を噴くと、ジョーンズはゴングを固定から解き放ち、それを盾にしてスコットと共に窓から通りに飛び降りた。

ショート・ラウンドの車に乗ると、ジョーンズは解毒剤を探して彼女のドレスを探した。ジョーンズは追跡者をリボルバーで攻撃した。ナン・タオ空港に到着すると、アール・ウィーバーは彼らを飛行機に乗せる手助けをし、一行の中に彼女がいるのを発見した。飛行機が離陸した後に彼女はジョーンズが彼女から目を離す事ができなかったとして彼に腹立ち紛れの言葉をかけた。彼が冒険用の服に着替えた後に彼女はイヴニング・ドレスから、より動きやすいジョーンズのタキシードとズボンに着替えた。飛行中に目が覚めたスコットは機長副操縦士が飛行機にいないことを発見した。彼女はジョーンズを起こし、ジョーンズは飛行機に燃料が入っていないことを確認した。ジョーンズは自分と彼女とショート・ラウンドを着陸させるためにすぐに膨らむボートを使用した。

インドを旅していると、そこにある様々な要素がスコットを驚かせた。そして彼女はことあるごとにおびえながら金切り声を上げた。彼女はゾウのにおいにも不快を表し、香水をゾウの頭にかけた。彼女のゾウは結局彼女を水溜りへ捨てた。

パンコット宮殿に着くと、彼女はこの建物の見た目のよさや豪華さで救われたが、ガーディアン・オブ・トライディション・ディナーでの霊長類のパフェといったエキゾチックな食事にうんざりした。その後にジョーンズはリンゴを彼女の部屋に運んだ。ウィリーが人間をいけにえにする儀式の犠牲者になりかけたため、スコットとジョーンズの始まったばかりのロマンスは急激に失速した。そしてサギー・カルトとその狂気じみたリーダー、モーラ・ラムに殺されかける。スコットが溶岩の穴に降ろされようとしていたまさにそのときインディとショート・ラウンドは彼女の救出に駆けつけた。キャプテン・ブランバートと彼の第11ピューマ・ライフルの援助でパンコット宮殿はラムとサギーの支配から解放された。そしてウィリー、インディ及びショート・ラウンドは合衆国へ向かった。

その後 編集

インディナ・ジョーンズは彼の日記に、彼女のサイン入りのクラブ・オビ・ワンのチラシをはさんでいた。彼も彼女についてのリストを賛否両論の立場で「スピークス・ハー・マインド」を作成した。[4]

1957年までには、ジョーンズはスコットの額入り写真を彼の居間においていた。[5]

舞台裏 編集

Williedesk

映画第4作目の小道具

インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』でウィリー・スコットを演じたのはケイト・キャプショーである。ケイト・キャプショーは1991年にスティーヴン・スピルバーグと結婚した。

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』では、彼女のパリで作られたドレスを着た写真が飾られている。DVDのチャプター5、インディアナ・ジョーンズの家フランシスコ・デ・オレリャーナについてマット・ウィリアムズと話す場面の背景でこの写真が見られる。

この写真は窓の横のランプの側に置かれている。

登場作品 編集

参考 編集

脚注 編集

  1. カタカナ表記は『インディ・ジョーンズ アルティメット・ガイド』に基づく。
  2. 2.0 2.1 インディ・ジョーンズ アルティメット・ガイド
  3. インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説 (小説)
  4. Willie_ScottIndiana Jones Wiki(アメリカ版)
  5. インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki