FANDOM


「《エジプシャン・メイル》の朝刊だよ。いい記事がいっぱい、最新のニュースもぎっしりだ」
サラー・モハメッド・ファイセル・エル=カヒール[出典]
EgyptianMail.jpg

『エジプシャン・メイル』

エジプシャン・メイル』(Egyptian Mail)は1938年イスケンデルンマーカス・ブロディと会ったサラー・モハメッド・ファイセル・エル=カヒールはこの新聞の朝刊を持っていた。

2人がシニスター・マン2人目の男に追い詰められたとき、サラーはこの新聞を使って時間を稼ぎ、ブロディに逃げるように促した。だが、ブロディはサラーの言葉の意味が分からずに立っていた。サラーは新聞越しに相手を殴ることで逃げるチャンスを作った。

登場作品 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki