FANDOM


このページではネパールにおけるナチスの人物について説明しています。あなたがさがしているのはタニスで働いていたオットーかもしれません。

「撃て。2人とも撃ち殺せ」
アーノルド・トート[出典]

オットーOtto)は1936年ラーの杖飾りを捜索するアーノルド・トートの手助けをしたナチスのエージェントである。ネパールジャイアント・シェルパをはじめとする男たちを集めたオットーは杖飾りの所有者であるマリオン・レイヴンウッドの店、レイヴンを訪れた。

経歴 編集

オットーはトート1936年ラーの杖飾りを奪うために男を集めたとき、トートを除いての唯一のドイツ人だった。トートと彼はネパール現地人モンゴル人シェルパを雇った。彼らは銃を持ち、レイヴンに入った。

だが、トートがレイヴンウッドを拷問しようとしたとき、考古学インディアナ・ジョーンズが現れ、銃撃戦が始まる。ジョーンズもオットーたちが来る前にレイヴンウッドに杖飾りを渡すように説得していたのだった。シェルパがジョーンズと格闘を始めると、トートはオットーに2人とも撃つように命令した。オットーが従おうとすると、ジョーンズは銃弾を数発発射し、オットーは死亡した。

舞台裏 編集

  • キャンベル・ブラックの小説版『レイダース』ではオットーは眼帯をつけた人物として登場する(小説内での呼び方は“アイパッチの男”)。また、インディはオットーの喉を1度だけ撃ったことになっている。
  • コミック版『レイダース』ではトートが彼のことをドイツ語で“schweinhund(豚犬)”と呼び、侮辱している。

登場作品 編集

脚注 編集

  1. レイダース/失われたアーク《聖櫃》(小説版)
  2. レイダース/失われたアーク《聖櫃》

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki