FANDOM


281
"...don't call me Junior!"
この記事のタイトルはニックネームです。 この記事では正式名称が不明でニックネームかコールサインでしか認識されていない、公式の情報を扱っています。関連した議論、あるいは記事自体の説明についてはトーク・ページをご覧ください。

この記事はレイダースのサルに関するものです。あなたが探しているのは一般的な動物かもしれません。

このオマキザルCapuchin monkey)はモンキー・マンに特別に訓練されたサルである。

経歴 編集

1936年、このオマキザル[2]インディアナ・ジョーンズマリオン・レイヴンウッドに従い、ラーの杖飾りを発見し、それをマスターに渡すように指示をされた。彼女は任務の失敗が食べ物をもらえないことを意味していることを知っていた[3]

ジョーンズとレイヴンウッドとはサラー・モハメッド・ファイセル・エル=カヒールの家で初めて遭遇した。そこではこのサルは彼の子供たちを楽しませていた。それがこの家族のペットではないと分かった後にレイヴンウッドはこのサルを連れて歩くようになり、ジョーンズにこれが彼らの赤ん坊であると冗談を言った。

CapuchinMonkey

このサルはマリオン・レイヴンウッドを裏切って場所を知らせる。

このサルはジョーンズとレイヴンウッドが市場で買い物するのに共に出かけたが、彼女は主人が近くにいると気づいたとき、走り去った。彼女は主人と合流し、ドイツ人エージェントに「ハイル」の敬礼をした。そのエージェントは思わず敬礼を返した。このサルはその後にかごに隠れたレイヴンウッドを追跡するドイツ人エージェントとアラブ人たちに鳴き声を聞かせて気づかせ、ジョーンズとレイヴンウッドを追跡するナチを助けた。

このサルはレイヴンウッドが爆発で死んだと信じ込んでいるジョーンズに再び取り入った。彼はこのサルの裏切りに気づいていなかった。嘆き悲しむジョーンズはマルハラ・バーで酒を飲んだ。バーでジョーンズとルネ・エミール・ベロックが対峙した後、このサルはサラーのトラックに乗った。そこで彼女はジョーンズと共にいるように主人から合図を受ける。

その夜、イマムの家でこのサルの主人が考古学者を殺すためにナツメヤシの入ったボールに毒を入れたが、空腹なサルはそれを1つ食べ、死亡した。サラーは彼女の死体を見て毒入りの果物をジョーンズが食べるのをすんでのところでとめた[1]

性格と特徴 編集

このオマキザルは赤いベストを着ており、彼女の主人が「ジーク・ハイル」と言ったとき、彼女は主人を真似て敬礼した[1]

登場作品 編集

参考 編集

脚注 編集

  1. 1.0 1.1 1.2 レイダース/失われたアーク《聖櫃》
  2. インディ・ジョーンズ アルティメット・ガイド
  3. レイダース/失われたアーク《聖櫃》 小説

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki