FANDOM


「飲みすぎだね、ジョーンズ博士」
―毒を飲んだ後のインディアナ・ジョーンズに対してカオ・カン[出典]

カオ・カン[1]Kao Kan)は上海の犯罪組織のボス、ラオ・チェーの息子の1人であり、しばしば父親と共に仕事をした。

経歴 編集

ラオ・チェーの末の息子であるカオ・カンは1935年まで、上海で父親の力によって隠蔽されたいくつかの犯罪を行っていた。カオ・カンはラオ・チェーの犯罪組織の中で異母兄弟のチェンと重要な役割についた。

1935年、彼の父親がヌルハチの遺灰の入手をインディアナ・ジョーンズに依頼した。取引の前日にカオ・カンはジョーンズからこの遺物を盗もうと試みたが襲撃は失敗し、カオ・カンの人差し指は断ち切られて終わった。

クラブ・オビ・ワンでの会合のとき、ジョーンズはラオ・チェーの支払いを調べていたがカオ・カンはそのすきにジョーンズのシャンパンに毒を入れた。その後、カオ・カンはウー・ハンが死んだ直後に彼のテーブルに落ちた銃を隠した。

Kaokan2.jpg

機関銃を撃つカオ・カン

チェンは鳩の串刺し肉によって殺され、カンはジョーンズと戦おうとしたが殴られて床に倒れた。カンが気を取り戻したとき、機関銃をクラブ内で乱射した。ジョーンズとウィリー・スコットが窓から逃げた後、カンと父親は車に乗って上海の通りを通ってナン・タオ空港まで彼らを追跡した。そこではラオ・チェーの別の部下がジョーンズを殺す任務を引き継いだ。

性格と特徴 編集

カオ・カンは衝動的で精神が不安定であり、父親の上海犯罪組織では彼の事業を助けた。

舞台裏 編集

インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』でカオ・カンを演じたのは中国人俳優リック・ヤンである。

ラオ・チェーの息子の名前には混乱がある。映画のクレジットではリック・ヤン=カオ・カンとなっているが、脚本ではリック・ヤンがチェンの行動をすることになっている。ほとんどがクレジットと同じようになっているが、『Indiana Jones and the Temple of Doom Sourcebook』、オフィシャル・ウェブサイト2008年の映画の小説版では映画脚本と同様になっている。

レゴ インディ・ジョーンズ オリジナル アドベンチャー』ではカオ・カンを殺す(破壊する)ことが可能である。プレイヤーはカオ・カンの銃を鞭で取り上げ、ウィリー・スコットの悲鳴を利用するか、またはゴングでぶつかれば殺すことができる。しかし、ステージが終わった後にラオ・チェーの飛行機に知らずに乗ったとき、カオ・カンは生き返っている。

登場作品 編集

参考 編集

脚注 編集

  1. カタカナ表記は『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説(小説)』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki