FANDOM


グスタフ・フォン・トラッペンドイツ人の考古学者である。

経歴編集

夜の発掘作業編集

1913年、エジプトで彼とナチス・ドイツ軍の集団は王家の谷で発掘作業を行う。昼間に作業をしているように見せかけていたが実は、昼間に睡眠をとり、夜に行っていたのだった。そうすることで人目を逃れ、盗掘者のように遺品を盗んでいたのだった。トラッペンは特に貴重な指輪を発見する。それをホテルに持ち帰り、トラッペンはなおもあくどい作業を続ける。

しかし"彼の"指輪は盗まれてしまう。トラッペンはその犯人がホテル従業員のアブドゥルであるとは気がつかなっかた。さらにアブドゥルは指輪を従兄弟のサラーに渡していた。サラーは観光客で知り合ったばかりの少年インディアナ・ジョーンズに見せる。インディは話を聞き、盗掘者に怒りを感じた。インディ、サラーは調査をし、トラッペンの作業現場に忍び込む。2人は奇妙な体験をする。古代のファラオの"カー(霊魂)"が出たのである。"カー"は2人に警告を残し、消える。「指輪を盗った者も心を改めれば許す」と。

トラッペンたちドイツ人はインディを始末しようとする。船に乗せ、銃を向ける。だが、すんでの所で2人は逃げ出す。船の浮いていた川に飛び込む。その瞬間トラッペンらの船が爆発を起こす。発掘用ダイナマイトに火が着いたのだ。その理由は不明だったが、インディたちはファラオの呪いがかかったと考えた。世間では高名だったトラッペンの死は大きな衝撃になった。

登場作品編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki