FANDOM


ゲイル・パーカー(本名ミルナ・アビ・カリル Mirna Abi Khalil)はインディアナ・ジョーンズの仲間で友人である。

経歴 編集

ミルナ・アビ・カリルはイングランドニュー・フォレストの森の奥深くの魔術信仰の村に生まれた。母親はシビル・ソンダースで本物の魔女だった。ミルナはこの村の長、ケリー・セント・ブレンダンの娘、カイトリンと親友になり、後に共に冒険をする。ミルナはその名前が合わないと考え、自分をゲイル・パーカーと名づけた。ゲイルは世界をまわり、学問を究めた。また、飛行機の操縦のプロで、古代遺物についての博士号を持ち、弓矢の扱いも得意だった。

ゲイルがインディと出会ったのは森の中だった。偶然遭遇した2人はイノシシを発見した。ゲイルは弓を放ったが、イノシシは突進してきた。そのときインディが牛追い鞭を使い、それを撃退した。このときから2人は友人になった。インディはゲイルの知識の多さに驚いていたが、ゲイルも同様だった。

1930年、ゲイルはインディに助けを求められる。それは謎の飛行物体の調査のためだった。ゲイルは他のメンバーたち(ウィラード・クロムウェルレーン・フォーロワターキズ・ベレム)と共に、改良されたフォード・トライモーターに乗り、調査した。その後も彼女の故郷が攻撃されたとき、ゲイルとインディ、カイトリンの3人は協力して犯人を捜した。

登場作品 編集

参考 編集

脚注 編集

  1. 魔空の覇者の情報に基づく。
この記事は書きかけです。あなたはこれを編集することによって私たちを助ける ことができます。何を足せばよいかのヒントについてはノートを参考にしてください。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki