FANDOM


281
"...don't call me Junior!"
この記事のタイトルはニックネームです。 この記事では正式名称が不明でニックネームかコールサインでしか認識されていない、公式の情報を扱っています。関連した議論、あるいは記事自体の説明についてはトーク・ページをご覧ください。

このゲシュタポ・エージェントGestapo Agent)はフォーゲル大佐と共にD-138ツェッペリンに乗り、インディアナ・ジョーンズと彼の父親を探したゲシュタポである。フォーゲルがジョーンズを上に探しに行っている間、このゲシュタポは待機し、遅れて上に上がっていくと乗組員に変装したジョーンズに殴られて気絶した。

ツェッペリン飛行船が方向転換し、ドイツに戻り始めたとき、目を覚ました彼はジョーンズの父親を発見して彼を追いかける。このゲシュタポは第一次世界大戦パイロット(このパイロットは酔っていた)と共に複葉機に複葉機に向かった。しかしエージェントは乗るために数メートル飛び降りたため、複葉機の下部を突き破って足がぶら下がった。さらに大戦パイロットは飛行機をツェッペリンから離したが、彼はエンジンを掛け忘れていた。そして2人とも死亡した。

舞台裏 編集

Gestapo fight

変装したインディに遭遇するエージェント

  • ゲシュタポの役を演じたのはパット・ローチである。
  • 彼が死亡するくだりは映画ではカットされたが、小説版とコミック版で描かれている。また、彼は映画に少しだけ登場している。フォーゲルが地面からツェッペリンを止めるために大声で叫んでいる場面でフォーゲルの隣で走っている人物が彼である。

登場作品 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki