FANDOM


コロナドの十字架とは、スペインの探検家フランシスコ・デ・コロナドの名前をつけられた、宝石がちりばめられたチェーン付きの金の十字架である。磔になったイエスがついていると言われていた。

歴史編集

この十字架は1520年にスペインのコンキスタドール(征服者)・エルナン・コルテスがコロナドに与えたものである。その後、後にユタ州と呼ばれる場所に他の遺物と共に埋められた。

CrossOfCoronadoBack-TSWA.jpg

The back of the cross.

十字架は1912年にフェドーラとそのギャングの発掘によって発見された。インディアナ・ジョーンズという少年がこれを奪って博物館に収めようとしたがフェドーラのギャングとその雇い主パナマ帽に阻まれた。インディは1938年にポルトガルの沿岸でパナマ帽から十字架の奪取に成功した。

彼はこれをマーカス・ブロディに渡し、ブロディは博物館のスペイン・コレクションに加えることにした。

登場作品編集

ソース編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki