FANDOM


少年時代にショート・ラウンド[2]Short Round)として知られた彼は1926年[1]ワン・リー[2]Wan Li)として中国に生まれた。1932年、日本軍の上海爆撃で孤児となり、リーはスリをして生活をしていた。彼は後にジョーンズ博士と呼ぶことになる男の財布を盗もうと試みた。

経歴編集

幼少期 編集

彼の家族が1932年1月に日本の空襲で死んだとき、上海の製鉄所の班長の1番年上の息子だったワン・リーのみが孤児となって生き残った。リーはガイドおよびスリとして働き、アヘン窟でも仕事をした。リーは自分でショート・ラウンドというニックネームを考え出した。彼はタイ・フング劇場に忍び込み、上映しているアメリカ映画を見た。そうして英語を覚えていった。

ショート・ラウンドは1935年にフェドーラ帽を被った背の高いアメリカ人男性の財布を盗んだ。だがその男インディアナ・ジョーンズ牛追い鞭で彼を捕まえ、引き戻した。インディは彼を警察には連れて行かず、役に立つと考え、仲間のウー・ハンに紹介した。そしてヒマラヤ山脈を飛行機で移動した。

インディはショート・ラウンドにアメリカの野球を教え、彼はニューヨーク・ヤンキースのファンになった。また、彼の年齢にもかかわらずインディは車の運転も教えた[3]

死の寺院 編集

3人が上海にいた頃、ショート・ラウンドは運転手として働いた。インディがギャングのラオ・チェーと、ヌルハチの遺灰ピーコック・アイの交換をしたとき、ウー・ハンが殺され、インディは歌手のウィリー・スコットと共に<クラブ・オビ・ワン>の窓から車に落ちた。ショート・ラウンドは靴の底に箱を巻きつけ、アクセルに届くようにしていた。その足で彼は車を空港まで走らせた。

飛行機で上海を飛び立ったショート・ラウンドとインディ、スコットだったが、その飛行機はラオ・チェーのものだった。パイロットと副パイロットはパラシュートで飛び降りた。ジョーンズは飛行機を飛ばそうとしたが、不可能だった。ショート・ラウンドはパラシュートが残っていないことを確認した。3人は結局脱出に成功し、インドメイアプール村にたどり着いた。村の人は村に祭ってあった聖なる石パンコット宮殿にいる男たちに奪われたと3人に話した。ジョーンズは彼らを助けることに決め、ゾウにのって3人はパンコット宮殿へ出発した。ショート・ラウンドは自分がのっているゾウが死んだ兄弟のチュの生まれ変わりであると信じ、ゾウを"ビッグ・ショート・ラウンド"と名づけた[3]。ある夜、ショート・ラウンドとジョーンズはポーカーで勝負をし、不正行為のために言い争いをした。

パンコット宮殿では3人は晩餐会に招かれた。その夜、ショーティ(Shorty)はインディが暗殺者と戦っているときに目を覚ました。彼は牛追い鞭をインディに向かって投げた。暗殺者は偶然、牛追い鞭が絡まり死亡した。ショート・ラウンドはインディがウィリーの部屋で発見した隠し部屋に同行したが、様々な罠を作動させてしまい、危機に陥った。インディはウィリーに助けを求め、なんとか2人は助かった。3人はさらに奥に進み、モーラ・ラムが中心となって行うサギーの儀式をみた。儀式が終わった後、インディはシャンカラ・ストーンを探しに行き、その間にショーティとウィリーはサギーの衛兵たちに襲われる。ショーティはウィリーを彼らから離すことに成功した。ショーティはインディと同じ牢獄へ入れられ、そこにいた少年たちからカーリーの血を飲むと、黒い眠りに入り、サギーの信奉者に変わってしまうのだと聞いた。

ショート・ラウンドはインディと共にモーラ・ラムの部屋へ連れて行かれた。ショーティはザリム・シンを蹴ったが、インディがカーリーの血を飲むのを防げず、地下の鉱山で鎖につながれて働くことになる。そこにはメイアプール村からさらわれた子供たちが多くいた。ショーティは見張りがいなくなった隙に鎖を壊し、逃げ出した。ショーティは再び捕まったウィリーがいけにえとして殺されそうになっているところに到着した。インディは黒い眠りの中だった。彼はインディに近づき、話しかけるが、彼はショーティを殴った。ショーティは松明をとるとインディに押し当てた。彼はそれで目が覚め、カーリー・マーの眠りから復活した。そして2人はチャタール・ラルを初めとするサギーの手先と戦った。

ジョーンズはすべての子供を宮殿から解き放ち、衛兵と戦った。ザリム・シンはブードゥー教の生きた人形を使ってインディを苦しめた。ショート・ラウンドはシンのところまで行き、格闘をした。ショーティは人形からインディを救い、彼は岩石破砕機でつぶされるのを免れた。ショーティはザリム・シンを松明で攻撃し、彼は眠りから覚めた。シンはショーティに最も早く外に出る道を教えた。

トロッコで坑道を走り、インディは追跡者と戦った。ショーティはブレーキの制御をしていた。3人が行き止まりでトロッコを降りたとき、水が坑道を進んでいた。3人はトンネルから脱出し、モーラ・ラムおよびサギーと対決する。第11ピューマ・ライフル隊の助けを借り、サギーを破った。3人は英雄としてメイアプール村に戻り、シャンカラ・ストーンを返した。

さらなる冒険 編集

ショート・ラウンドはジョーンズと共に合衆国に渡った。彼は寄宿学校に通った。1936年、ショート・ラウンドはジョーンズが失われたアトランティス大陸を探すためにビミニの沖に潜るのを手伝った。ジョーンズがベルグラードと呼ばれる悪漢に貴重品を盗まれそうになったとき、ショート・ラウンドは高速モーターボートを用意して彼を助けた。その後、ショーティは学校に戻ったが、彼にとってそれは楽しくはなかった[4]

ショート・ラウンドはインディが手に入れ損ねたピーコック・アイを捜し求め、1957年ハワイで痕跡を発見する[4]

性格と特徴 編集

ショート・ラウンドは中国語と英語を話すことができた。また、少年時代から車の運転が可能だった。彼はインディアナ・ジョーンズのためなら死んでも良いと思っているほど彼に忠実だった。彼は不特定のフォームのカンフーを使っていた。

舞台裏編集

  • ショート・ラウンドを『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』で演じたのはキー・ホイ・クァンである。
  • ショート・ラウンドの生まれた年については2つの設定がある。小説版『魔宮の伝説』では申年生まれで1920年2月から1921年2月のどちらかに生まれたと考えられるが、『アルティメット・ガイド』では1926年2月となっている。
  • 非公式のスペインのガイド・ブックではショート・ラウンドはシカゴの大学で考古学を学び、インディの助手になったとあるが、公式設定では認められていない。
  • ショート・ラウンドはインディと共に『インディ・ジョーンズ』と『スター・ウォーズ』を組み合わせたコミック『Into the Great Unknown』(未邦訳作品)に登場した。

登場作品 編集

参考 編集

脚注 編集

  1. 1.0 1.1 アルティメット・ガイド
  2. 2.0 2.1 カタカナ表記は『アルティメット・ガイド』に基づく。
  3. 3.0 3.1 小説版『魔宮の伝説』
  4. 4.0 4.1 Indiana Jones Wiki

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki