FANDOM


「すまんな、悪いニュースだ。この区域は兵器テストのために立ち入り禁止だ。おれたちが二十四時間閉鎖している。例外はない」
―ジミー・ウィクロフト[出典]

ジミー・ウィクロフト51番格納庫を守るための小屋にいる軍曹である。娯楽の無い場所であったため、1957年に1932年型フォード・ロードスターアメリカ陸軍の車がレースのように平行に走ったときは小屋の隊員の気を引いた。特にウィクロフトは同僚のビギンズと金を賭け、ウィクロフトはフォード、ビギンズは軍用車に賭けた。ウィクロフトは自分の所属する軍隊が負けるほうに賭けたことになるが、フォードが勝つと確信していた。なぜなら彼の父親はインディアナ州マンシーで車の修理工場をやっていたのである。実際<アトミック・カフェ>にさしかかる頃、フォードが勝利し、ウィクロフトは金を受け取る。その車と後続車は小屋の前で停車した。ウィクロフトはドウーム・タウンで核実験が行われるため立ち入り禁止だと告げる。そこに大佐の服を着た男が現れ、ウィクロフトを跳ね飛ばす。彼と部下のビギンズ、ミッチェルらを皆殺しにした。この男達はアメリカ兵ではなく、ロシア兵がアメリカ兵に変装していたのだった。大佐の服の男はアントニン・ダフチェンコだった。そしてレースをしていたアメリカ軍の車のトランクにはインディアナ・ジョーンズジョージ・マクヘイルが監禁されていた。最後尾の車にはイリーナ・スパルコが乗っていた。

舞台裏編集

彼の名前は小説で決められた。映画ではクレジットに「ジミー・ウィクロフト」と出ることは無かった。

また彼らの着用している制服はコミック版ではMPの制服ではなく、空軍のものであると思われる。

登場作品編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki