FANDOM


281
"...don't call me Junior!"
この記事のタイトルはニックネームです。 この記事では正式名称が不明でニックネームかコールサインでしか認識されていない、公式の情報を扱っています。関連した議論、あるいは記事自体の説明についてはトーク・ページをご覧ください。

このジャイアント・シェルパ(巨体のシェルパ、 Giant sherpa)は1936年レイヴンインディアナ・ジョーンズと格闘をしたトートの仲間の1人である。

経歴 編集

このシェルパはマリオン・レイヴンウッドメダルを奪うためにカトマンズの街でアーノルド・エルンスト・トートに雇われ、レイヴンの外にいた。インディアナ・ジョーンズが中で戦うのを見た彼は店内に入るとこの考古学者と格闘で戦った。

シェルパはドアの近くで銃弾を避けていたジョーンズをそこから引き離し、バーの前に運んでから彼を投げた。そしてジョーンズをバーに押し付けた。トートは酒瓶を倒して点火させ、炎をジョーンズに向かわせた。モンゴル人を倒したレイヴンウッドはジョーンズにウイスキーの瓶を渡し、ジョーンズはそれを押さえつけているシェルパの頭に叩きつけてバーから離れた。シェルパはしばらくの間ジョーンズから離れることになった。そしてジョーンズは再びシェルパにつかまれ、シェルパはジョーンズの首を絞めた。

シェルパと彼に首を絞められたままのジョーンズは落ちていたピストルを奪い合っていた。トートはもつれ合う2人を撃つように他の部下に命令した。その男が2人の共通の敵と理解し、シェルパとジョーンズは1丁の銃を2人で持ってドイツ人に発射した。ドイツ人は死に、シェルパとジョーンズは再び殴り合いをした。

ジョーンズはシェルパを暖炉に押し込もうとしたが、この飲んだ暮れの腕に火がついただけだった。シェルパは燃えている腕を振り回して戦った。シェルパは顔にジョーンズの攻撃を食らって倒れ、燃えているレイヴンの中に放置された。

舞台裏 編集

ジャイアント・シェルパを演じたのはパット・ローチである。また、彼はジャーマン・メカニックの役も演じた。

登場作品 編集

参考 編集

脚注 編集

  1. Toht's Marshall College entry (Web archive)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki