FANDOM


281
"...don't call me Junior!"
この記事のタイトルはニックネームです。 この記事では正式名称が不明でニックネームかコールサインでしか認識されていない、公式の情報を扱っています。関連した議論、あるいは記事自体の説明についてはトーク・ページをご覧ください。

このジャーマン・エージェント(ドイツ人工作員、 German Agent)はエジプトカイロパートナーと共に働いていたナチゲシュタポのエージェントである。彼は通報者である、単眼のモンキー・マンと彼のオマキザルを利用した。また彼は地元の荒れくれ男たちを支配していた。

1936年、このドイツ人エージェントと彼のパートナーはモンキー・マンを通じて考古学者インディアナ・ジョーンズの動きを確認した。マリオン・レイヴンウッドがカイロの市場を歩いていたとき、サルは主人に報告した。そしてサルを連れたモンキー・マンはこのドイツ人エージェントと彼のパートナーに会うために暗い廊下を走った。ナチ式敬礼を交わした後にこのドイツ人エージェントと彼のパートナーはアメリカ人を襲撃するための子分たちを呼びに行った。

建物の2階のバルコニーから市場を見たこのエージェントはタバコを楽しみながら暴漢たちが集まっている部屋に入った。そしてジョーンズとレイヴンウッドを捕らえに行くことを合図した。路地を歩く2人を尾行した彼は黒い頭巾を被った男たちに攻撃に向かわせた。

ジョーンズは何とか襲撃者たちの第一波を防ぎきり、レイヴンウッドをカーとの後ろに乗せた。モンキー・マンとこのエージェントは彼女が逃げ出すのを見つけると別の男に身振りで追うように指示し、路地から立ち去った。

レイヴンウッドが走る道にこのエージェントと彼のパートナーが現れ、かごの山を通り過ぎた。サルは大きな金切り声を上げてこのエージェントと仲間たちを呼んだ。彼らはレイヴンウッドを捕まえるためにかごの所まで引き返していった。

そしてこのエージェントは爆薬を積んだトラックにたどり着くとかごを載せさせた。ジョーンズがトラックに到着したときこのエージェントは彼にピストルを向けた。ジョーンズは暴漢の1人が放ったマシンガンの弾を避けるために建物の陰に隠れた。このエージェントはそのトラックから遠くに離れたが彼のパートナーはそれの荷台に入った。

運転手を殺すことによってトラックを破壊したジョーンズは結果的にこのエージェントのパートナーを殺した。

このエージェントは、別のエージェントと共に1瓶の酒をマルハラ・バーの外で飲んでいる嘆き悲しんだジョーンズを見つけた。酔っ払った考古学者に近づくとこのエージェントはバーの中でジョーンズと話をしたがっている男がいるとドイツ語で言った。中までジョーンズを連れて行くと彼を見守りながらこのエージェントはベロックと話をさせた。ジョーンズが彼のリボルバーに手を伸ばしたとき、このエージェントはバーの全てのアラブ人たちと同じように銃を取り出した。しかし、サラーの子供たちがアメリカ人を囲んで外まで連れて行くと、このエージェントはピストルを懐に収めた。

舞台裏 編集

このジャーマン・エージェントの役を『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』で演じたのはスティーヴ・ハンソンである。このジャーマン・エージェントカイロの場面で常に同じ服装をしている:スーツ、暗い色のネクタイ、及び帽子である。

ディズニー・ワールドの『Indiana Jones Epic Stunt Spectacular!』において、インディとマリオンがアラブ人たちと戦っている場面ではこのドイツ人エージェントと第2のドイツ人エージェントは存在しない。それらの場所には変わりにマリオン・レイヴンウッドを捕らえようとして反撃に遭う黒い肌をした、ドイツ人エージェントが登場する。

登場作品 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki