FANDOM


281
"...don't call me Junior!"
この記事のタイトルはニックネームです。 この記事では正式名称が不明でニックネームかコールサインでしか認識されていない、公式の情報を扱っています。関連した議論、あるいは記事自体の説明についてはトーク・ページをご覧ください。

このジャーマン・メカニック(ドイツ人整備士、 German Machanic)は坊主頭の雄牛のように巨大な男である。彼は1936年タニスナチのフライング・ウイングを調整する2人の整備士のうちの1人である。

経歴 編集

飛行機が、1936年ベルリンまで契約のアークを運ぶために準備されていたとき、この整備士はインディアナ・ジョーンズもう1人の整備士と戦っているのを小屋から見つけた。

Raiders3

このメカニックは右フックを受ける。

この整備士は戦いを望んだ。初めの整備士がジョーンズによって倒されるとこの大柄なバイエルン人は殴り合いを終えたばかりのジョーンズに声をかけた。

彼はジョーンズよりも強かったが皮肉にも1回ジョーンズの命を助けてしまう。それはフライング・ウイングのパイロットがジョーンズに銃を向けたときにこの整備士が間に入ったため、パイロットが発砲できなかったからである。

彼が戦いで有利になったとき、この整備士は旋回する飛行機のプロペラが近づいていることに気づかずに考古学者にもっと戦うように促した。ジョーンズが顔を伏せると困惑した整備士が後ろを向き、丁度プロペラと対面して死を迎えた。

舞台裏 編集

このドイツ人整備士を演じたのはパット・ローチである。ローチは俳優、スタントマン及びプロレスラーであり、最初の3作品全てに出演した。

“1st メカニック”として登場するが、ローチは実際には第2のメカニックが登場した後に画面に現れる。

キャンベル・ブラック小説版ではこの整備士はマリオン・レイヴンウッドに発見され、金髪の刺青をした若い男であると記述されている。彼は映画ほど強くはないがそれでもしつこくインディアナ・ジョーンズと戦った。映画ではプロペラによって切り刻まれる前にインディを圧倒するが、小説ではインディが彼をプロペラに向けて押したことになっている。

レゴ インディ・ジョーンズ オリジナル アドベンチャー』では、このドイツ人整備士はそのレベルでのボス、“Enemy Boxer(「敵のボクサー」という意味)”として登場する。『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』ではインディが何度も整備士に殴られて怪我をしたが、このゲームではインディが無傷で彼を破ることが可能である。

ディズニー・ワールドの『Indiana Jones Epic Stunt Spectacular!』では飛行機の場面でセカンド・ジャーマン・メカニックが欠けている。そのため、ジャーマン・メカニックが飛行機の近くで働いているときにインディを発見する。着陸の後に飛行機を出たパイロットはナチのキャンプに戻る前にこのドイツ人メカニックに幾つかの指示をしている。着陸準備の時にはこの整備士はフライング・ウイングを誘導している。

Indiana Jones' Greatest Adventures』では飛行機の場面が省略されている。しかし、このドイツ人メカニックは夜にボスとして、インディが魂の井戸を見つける前にカイロに現れる。プレイヤーが馬車でジャンプすると整備士は蹴ってくる。プレイヤーは整備士との戦いを避けることができず、彼が死ぬとレベルが1つ上がる。そして『Greatest Adventures』でも『レゴ インディ・ジョーンズ オリジナル アドベンチャー』と同じように全く攻撃を受けずにこの整備士を倒すことが可能である。

登場作品 編集

参考 編集

脚注 編集

  1. 1.0 1.1 German_MechanicIndiana Jones Wiki(アメリカ版)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki