FANDOM


WhoareYou.JPG
"Who are you?"
この記事のタイトルは推測です。 この記事は公式情報に基づいていますが、このページの名前は全くの推測です。記事名の理由については下の「舞台裏」セクションを、関連した議論についてはトーク・ページをご覧ください。

このセカンド・ジャーマン・メカニック(第2のドイツ人整備士、 Second German Mechanic)は1936年に、タニスから契約のアークを運び出すフライング・ウイングの整備をしていた2人の労働者のうちの1人である。

この整備士はインディアナ・ジョーンズが飛行機が登り、こっそりとパイロットに近寄ったときにこの考古学者に声をかけた。そして2人は戦いを始めた。同僚の整備士とは違い、セカンド・メカニックはレンチを武器にして戦わなければならなかった。だがジョーンズは彼を気絶させた。そして彼は、ジョーンズが飛行機の翼がガソリンの入ったタンクを引き裂き、中身が地面に広がるまで気づかなかった。

起き上がった彼はさらにインディと戦うことを避けて安全を求めてガソリンの中から走り出した。

舞台裏 編集

“1st メカニック”と呼ばれるパット・ローチが演じた整備士は実際には2番目に画面に映っている。また、このメカニックは最初に映っている。

映画での2連続の整備士との戦いとは違い、『レイダース/失われたアーク《聖櫃》(コミック)』ではインディは一撃でこのメカニックをノックアウトしている。

このメカニックを演じたのはノンクレジットのグレン・ランドール・ジュニアである。

レゴ インディ・ジョーンズではこのメカニックは見られない。

ディズニー・ワールドの『Indiana Jones Epic Stunt Spectacular!』ではこのドイツ人メカニックは休んでいる。そのため、第1のドイツ人メカニックがインディを初めに発見することになっている。

登場作品 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki