FANDOM


ソフィア・ハップグッド[2]Sophia Hapgood)は考古学者であり、OSSの、後にはCIAのエージェントである。彼女は濃い赤色の髪に緑色の目、そして精神的予知によって知られていた。

経歴 編集

ソフィアはニューイングランド[3]の裕福な家庭に生まれたが、彼女の反抗的な性格は彼女をいくらか厄介者にした。彼女はアイスランドジャストロ調査インディアナ・ジョーンズと初めて出会った。そこで2人は多くの遺物を掘り出した。彼らは近くなったが、プロとしての関係を維持した。インディはハップグッドが出土した最も価値のある遺物を隠していたことを知って失望した。彼女は国際的な骨董品市場でそれらのいくつかを販売した。

ハップグッドは1938年にジョーンズに再会した。そのとき彼女はネパールで発見したブッダの誓約書について助けを求めた。シャンリ=ハの崩れた都市、アフガニスタンを探索した。そこでハップグッドは山賊に誘拐されたが最終的に誓約書の場所:長江から遠く離れた仏教寺院にたどり着いた。インディとソフィーは日本人の軍隊を撃退したが、神聖な巻物はそこで失われた。

彼女は、彼女がジャストロ調査で発見した奇妙なメダルに自分の精神的調査の焦点をあわせた。彼女はそのメダルが一時ヌル=アブ=サルの物だったことを知った。そしてヌル=アブ=サルがメダルを通して自分に話しかけてきたと主張し、彼女のアトランティスに関する講義はニューヨークの社交界で人気となった。

1939年、インディアナ・ジョーンズはナチがアトランティスに関心を持っていることを知り、ソフィーに警告するために彼女の講義を中止させた。卑劣なSS大佐のクラウス・カーナーに対するドイツへの戦いに彼女はジョーンズと共に参加した。彼女のメダルはアトランティスに戻ってヌル=アブ=サルの力を取り戻したかのように影響を強めた。インディはメダルの呪縛から彼女を救出し、この出来事の後に2人は恋人として関わるようになる。

彼女は教授の職を得たアトランティスについての論文を書き続けた[1]

第二次大戦の後にソフィアはCIAに入り、1947年にアメリカ南西部でインディアナ・ジョーンズに会った。インディは次元を移動できるといわれているインファナル・マシーンの4つの欠けた部品を探していた。2人の恋はやや再開した。ハップグッドはバビロニア崩壊のたくらみを持つソ連についてインディに知らせた。そして2人はお互いを助け合い、再び相棒となった。結局彼女のボスのサイモン・ターナーが裏切り、エウトリアムに送られた。彼女はマルドゥクによって捕らえられていたが、インディは魔法を解き、2人は崩れるエウトリアムから脱出して抱き合った。これが最後の別れであり、ソフィアとジョーンズは別々の道を歩みだした。

登場作品 編集

参考 編集

脚注 編集

  1. 1.0 1.1 Indiana Jones and the Fate of Atlantis comic
  2. カタカナ表記は『インディ・ジョーンズ アルティメット・ガイド』に基づく。
  3. Sophia_HapgoodIndiana Jones Wiki(アメリカ版)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki