FANDOM


「真理を探求したい者はタイリー教授の哲学の教室へ行ってくれ」
―インディアナ・ジョーンズ[出典]

タイリー博士[1]Dr. Tyree )はバーネット大学の哲学の教授である。1938年、タイリーはジョーンズ教授が考古学を教える教室と同じ建物で講義をしていた。ジョーンズは自分のクラスで考古学は事実の探求だと教え、真理を求めている者はタイリーの教室に行くべきだと言った。

舞台裏 編集

タイリー博士に関するインディアナ・ジョーンズの言及はハリソン・フォードの経験によるものである。フォードがウィスコンシン州のリポン大学に通っていた頃、彼はウィリアム・タイリー博士から論理と哲学を教わった。2人は友人となった。フォードがリポン大学を中退した後、タイリーはフォードとリポン大学コミュニティと関係が悪くなった。ウィリアム・E・タイリーは1950年から1983年までリポン大学の哲学の教授を務めた。

登場作品 編集

脚注 編集

  1. カタカナ表記はヤングアダルト版小説『最後の聖戦』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki