FANDOM


チェンChen)はラオ・チェーの長男であり、カオ・カンもう1人の兄弟とは異母兄弟だった。

経歴 編集

彼は年下の弟たちとは違い、チェンは口数の少なく、冷酷で計算高かった。ギャングのラオ・チェーの重要な部下でもあったが、彼は裏の仕事を好み、それまでボート輸送で行っていたことを航空貨物に変え、彼の父親の商売の拡大に貢献した。

Chen death

串の刺さったチェン

1935年、チェンはクラブ・オビ・ワンで、ヌルハチの遺灰ピーコック・アイの交換の最中にインディアナ・ジョーンズの友人ウー・ハンを射殺した。ラオ・チェーのによって毒を飲まされたインディアナは火のついた鳩肉の串をチェンに投げつけ、チェンを殺すことで友人のための報復を果たした。

舞台裏 編集

インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』でチェンを演じたのはチュア・カー・ジョーである。

ラオ・チェーの息子の名前には混乱がある。映画のクレジットではチュア・カー・ジョー=チェンとなっているが、脚本ではチュア・カー・ジョーがカオ・カンの行動をすることになっている。ほとんどがクレジットと同じようになっているが、『Indiana Jones and the Temple of Doom Sourcebook』、オフィシャル・ウェブサイト2008年の映画の小説版では映画脚本と同様になっている。

レゴ インディ・ジョーンズ オリジナル アドベンチャー』ではチェンは死なない。

登場作品 編集

参考 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki