FANDOM


Boulder.jpg

チャチャポヤン遺跡は南アメリカの奥地にあるゴールデン・アイドルが置かれている遺跡である。遺跡はホヴィト族が守っていた。内部にも様々な罠がかけられてあり、1935年に考古学者フォレスタルは大釘の罠によって、刺しぬかれ、死亡した。1年後1936年にはインディアナ・ジョーンズがおとずれ、罠をよけた。奥の部屋までたどり着き、砂の入った袋と黄金像をすり替える。だが、失敗し、罠が作動する。その罠は遺跡全体を揺るがした。インディは案内人サティーポの裏切りに遭ったが、何とか抜け出す。逆にサティーポがフォレスタルを殺した罠にかかる。インディは無事脱出したが、ルネ・エーミール・ベロックと、彼に騙されたホヴィト族がインディを待ちうけ、案内人の一人だったバランカの死体もあった。ベロックに像を奪われたインディは逃げ出し、騙されたホヴィト族に追われる。ベロックは像を持って去り、インディはジョック・リンゼイ水陸両用機で飛び立った。

編集

Forrestal.jpg

フォレスタルの遺体

大釘
暗い通路に光が差し込んでおり、その光の部分に身をさらすと壁から刃が出てくる。フォレスタル及びサティーポを刺し殺した。プリズム水晶が光の力を強め、それによって罠を動かしているが、[1]が詳しい仕組みは不明である。
床に雲の巣と埃で覆われた穴がある。この穴は底が深く、落ちれば命は無い。
床のタイル
床にはいくつものタイルが敷き詰めてあり、間違ったものを踏めば壁から発射される矢に打たれる。
台座

黄金像の台座に少しでも重さが加わるか、減れば遺跡が揺れ動き、崩れ始める。

巨石
遺跡の出口へ向かう途中、天井から大玉が転がり落ちてくる。これは最終的には入り口をふさぐ。

脚注編集

  1. アルティメット・ガイドに基づく

登場作品編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki