FANDOM


チャールズ・スタンフォース[1]Charles Stanforth)はマーカス・ブロディの後任のマーシャル大学学部長である。彼はディアドリと結婚した。

1957年FBIインディアナ・ジョーンズのオフィスを引っ掻き回した。そしてそれを恐れたマーシャル大学の管理人は彼を首にしようとした。チャールズ・スタンフォースは彼を無期限の休職扱いにするように説得した。スタンフォースはそれを認めさせるために辞職し、この申し出は承認された。

アカトールのクリスタル・スカルの探索でジョーンズが姿を消していたころ、おそらくスタンフォースは学部長に復職した。そして戻ってきたインディアナ・ジョーンズは副学部長となった。スタンフォースと彼の妻、そして彼らの2人の子供、ドンマギーはジョーンズとレイヴンウッドの結婚式に出席した。スタンフォースは聖公会祈祷所を取りにオフィスの机へと急いだ。

舞台裏 編集

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』でチャールズ・スタンフォースを演じたのは英国人俳優ジム・ブロートベントである。俳優ショーン・コネリーが映画4作目で出演したならば、彼の性格や役目はヘンリー・ジョーンズ・シニアによって描かれたと思われる部分がある。[2]

このキャラクターの名前はチャールズ・スタンフォースであるが、稀にディーン・チャールズ・スタンフォースと表記されることがある。この「ディーン」とは学部長という意味のディーン(Dean)であり、彼の役職であって名前ではない。

登場作品 編集

脚注 編集

  1. カタカナ表記は『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』 小説 に基づく。
  2. George Lucas Hails Maverick Filmmakers, Teases Indy 4

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki