FANDOM


ディアドリー・キャンベル・ジョーンズ[1]Deirdre Campbell Jones)はロンドン大学インディアナ・ジョーンズの赤毛の学生であり、その後彼の最初の妻である。そして考古学部長ジョアナ・キャンベルの娘である。

経歴 編集

ディアドリー・キャンベルは1905年ごろにスコットランドジョアナ・キャンベルの娘として生まれる。彼女はスコットランド南西部のウィットホーンで成長した。彼女が15歳になったときに彼女の父親は死亡した。

1925年の夏、20歳のときにディアドリーはロンドン大学で研究していた。ディアドリーはマーリン伝説に関する論文を書いてインディアナ・ジョーンズ教授の注意を引いた。それに続いて2人はストーンヘンジで、国会議員であり神秘的なピュぺルボレイオスの騎士団の一員であるエイドリアン・パウエルと対決した。彼女の母親は長い時間塩素ガスにさらされたために死亡した。[2]

それでもディアドリーとインディの関係は発展していった。そして1926年4月にリオ・デ・ジャネイロへ旅行で向かう船<モーリタニア>で結婚した。

その結婚式のわずか数週間後に南米を旅し、飛行機に乗って飛び立とうとしたがセイバのベールで覆われた都市のジャングルの中に墜落した。若き花嫁は死んだ。[3]

その後 編集

ディアドリーの死は深くジョーンズに影響した。ディアドリーの命を奪った飛行機墜落の唯一の生存者だった彼は最後の瞬間をほとんど覚えていなかった。彼は墜落現場すらほとんど分からなかった。[3]彼の日記ではディアドリーについて書かれていることは1つだけである。さらに数年後に彼はグアテマラティカル[4]で妻を持っていたことがあるかを尋ねられるが、皮肉にも彼はディアドリーの存在について言及した後に、結婚したことはないと答えた。[4]

舞台裏 編集

このキャラクターの名前はIndianaJones.com[4] にもあるように "Dierdre" であるが、『The Lost Journal of Indiana Jones』では "Deidre" と間違えられている。

登場作品 編集

参考 編集

脚注 編集

  1. カタカナ表記は『インディ・ジョーンズ 巨人の舞踏』に基づく。
  2. インディ・ジョーンズ 巨人の舞踏
  3. 3.0 3.1 インディ・ジョーンズ 第七の魔力
  4. 4.0 4.1 4.2 Deirdre_Campbell_JonesIndiana Jones Wiki(アメリカ版)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki