FANDOM


281
"...don't call me Junior!"
この記事のタイトルはニックネームです。 この記事では正式名称が不明でニックネームかコールサインでしか認識されていない、公式の情報を扱っています。関連した議論、あるいは記事自体の説明についてはトーク・ページをご覧ください。

このトレンチコートのヨーロッパ系スパイTrenchcoated European Spy)は1936年サンフランシスコで飛行機に乗り、雑誌『ライフ』で顔を隠しながらインディアナ・ジョーンズを見張った。おそらく、彼は任務をアーノルド・トートに引き継ぐまでの間しばらくジョーンズに張り付いていた。

舞台裏 編集

  • このヨーロッパ系スパイの役を演じたのはノンクレジットのデニス・ミューレンである。
  • メガネをかけたエージェントが顔を半分も出さずに登場したため、彼がトートだと仮定されることがある。しかしミューレンは自分がロナルド・レイシーの代役でもなく、またトートを演じたわけではないといっている。「トートにそっくりな男」の正体は確認されていない。
  • キャンベル・ブラック小説版ではサンフランシスコからではなく上海で飛行機に乗ったとある。さらにこの小説ではこのエージェントはトートである。
  • 表紙のカバー・アートを見るとこのエージェントが読んでいる "ライフ" は1936年11月30日発売[1]のものである。様々な資料を参考にするとアークの探索は1936年4月[2]か、1936年7月下旬[3]であるとされている。そのためこのエージェントが11月発売の雑誌を読んでいることに矛盾が生じてくる。

登場作品 編集

脚注 編集

  1. 1936 Life Magazine covers
  2. インディ・ジョーンズ アルティメット・ガイド
  3. The Lost Journal of Indiana Jones

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki