FANDOM


「ナチか。俺はやつらが嫌いだね」
―インディアナ・ジョーンズ[出典]

ナチNazi)とは国家社会主義ドイツ労働者党(一般にナチと略される)のメンバーのことである。そしてそれは1930年代に国の聖賢を手にした。アドルフ・ヒトラーによって導かれた彼らはアーリア人種の優越、民主主義の拒絶を信じ、「劣等」民族の排除を進めた。これらは第一次世界大戦の悲惨な結果によってドイツの力が弱まったことを主張した。ナチ党が政権を握るようになったとき、通常のドイツ軍とは別にヒトラーに忠誠を誓う親衛隊(SS)が設立された。SSは普通のドイツ人よりさらに純粋なマスター・レースとされた。

Hitler.jpg

ナチのリーダーアドルフ・ヒトラー

ナチスはファシスト党として1933年から1945年までドイツを統治した。この国は第三帝国と称された。ヒトラーの指揮によってドイツは強い産業を取り戻して軍備を再建し、国際社会との調和を乱すようになった。そしてドイツ人の多く住む近隣の国を併合することによってさらに力を増した。ナチス・ドイツはポーランドを攻撃して第二次世界大戦を始める。それが原因でイギリスフランスはドイツに宣戦布告した。第二次世界大戦の間、ドイツは多くの「最終的解決」を実行した。つまりそれは1200万人のユダヤ人、ジプシー、同性愛者、精神的にまたは身体的に障がいのあるもの、インテリ、共産主義者、第三帝国にとって好ましくない者たちを排除していくことであった。

インディアナ・ジョーンズ考古学的アメリカ合衆国まで拡大してくるナチスの脅威を感じた。彼はナチ・エージェントと考古学者としてしばしば対立していることに気づいた。彼らはそういった人種的優越感の主張をサポートするため、また人工遺物の持つ神秘的な力を使って征服をさらに進めるためにそれらを探した。また、ナチ・イデオロギー、野心、経済は彼らの代わりに遺物を探す多くの外国人を誘い出した。フランス人ルネ・ベロックやアメリカ人ウォルター・ドノヴァンなどである。(両者とも彼らを本物のパートナーというよりむしろ「必要悪」とみなして雇い主を軽視することもある。)彼はいくつかの考古学的な競争でヒトラーの計画を破った後に、友人ジョージ・マクヘイルと共に任務で何度かヨーロッパへ行った。第二次世界大戦のこのとき、ジョーンズは戦略事務局のメンバーとして彼らと向き合った。

インディ・ジョーンズ世界のナチス 編集

人物 編集

組織 編集

登場作品 編集

参考 編集

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki