FANDOM


ヌルハチNurhachi)は清の初代皇帝である。

1935年、考古学者インディアナ・ジョーンズ彼の遺灰を探すためラオ・チェに雇われた。インディはそれを見つけたが、ラオの息子カオ・カンが奪いにくる。インディはカオを殺すこともできたが、カオは指を失うだけで済んだ。結局クラブ・オビ・ワンで遺灰とピーコック・アイを交換することになった。

舞台裏編集

この人物は実在の清の皇帝「ヌルハチ」である。

1616年(万暦四十四年)、ヌルハチは本拠地ヘトゥアラ(赫図阿拉)でハーン(可汗)の地位に就き、国号を金、元号を天命とした。前後して、ヌルハチは女真の民族名を文殊菩薩にちなんだ満州(manju, 満洲)に改め、エルデニ(額爾德尼)と噶盖に命じてモンゴル文字を改良した満州文字(無圏点文字)を定めた。また、八旗制という軍事組織を創始した。このことで、満州人が勢力を拡大する基盤が固められた。

登場作品編集

外部リンク編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はヌルハチにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki