Wikia

インディ・ジョーンズ Wiki

ハロルド・オックスリー

トーク0
343 件の記事が
このウィキにあります
キャラクター
ハロルド・オックスリー
Harold Oxley
Oxley.jpg
性別 男性
生年月日 1887年
イングランドリーズ[1]
国籍 イギリスの旗 イギリステンプレート:イングランド

職業

考古学者

忠誠

マット・ウィリアムズ
インディアナ・ジョーンズ
マリオン・レイヴンウッド

  

ハロルド・オックスリー[2]Harold Oxley)は家族や友人たちに(親しみを込めて)しばしば"オックス(Ox)"、または"オックスマン(The Oxman)"と呼ばれ、シカゴ大学インディアナ・ジョーンズと共に研究をした考古学者である。彼はクリスタル・スカルの捜索に没頭し、探求の結果、知覚力と心霊力をそなえた、15世紀にアカトールから盗まれたスカルを発見した。

スカルはオックスリーの精神を狂わせた。彼はスカルに精神を奪われ、スカルのメッセージを伝える役目を果たした。スカルがオックスリーの脳に精神的なコントロールをし、オックスリーは狂人となった。彼はスカルに刻み込まれた戻すという指令を達成したため、スカルにとっては必要のない存在となり、正気を取り戻した。その後、オックスリーは親友のマリオン・レイヴンウッドとジョーンズの結婚式に出席した。

オックスリーはインディアナの同僚だった。インディアナは知らないうちにマリオンの息子の父親になっていた。この少年は自分に"マット・ウィリアムズ"と名前をつけ、オックスリーは彼の育成を助けた。彼はハロルドを義理の父親や親切なおじであると考えていた。

経歴 編集

幼少期 編集

ハロルド・オックスリーはイングランドリーズに生まれた。何かの理由で彼はアメリカに引越し、シカゴ大学アブナー・レイヴンウッド教授に学んだ。オックスリーは学生のインディアナ・ジョーンズ、レイヴンウッドの若い娘のマリオンと出会い、親友になった。

Muttox.png

ハロルド・オックスリー教授と若きマット・ウィリアムズ

1937年、インディアナが結婚を避け、マリオンとの関係を絶ったとき、オックスリーは彼女に同情した。さらに、マリオンを捨てたジョーンズに腹を立て、次の20年間は1度もこの友人と話さなかった。その後しばらくは"ヘンリー"という息子を育てるマリオンの手助けをした。オックスリーは少年の父親がジョーンズであることを知らなかった。ヘンリーが生まれたときにそのことに気づいていなかったのかは不明である。

ヘンリーの義理の父親コリン・ウィリアムズはまだ彼が小さかった頃に第二次世界大戦で死亡した。ヘンリーはコリンが本当の父親だと思っていたため悲しんだがその間オックスリーは彼に安らぎを与えた。オックスリーとヘンリーの関係は急に近づいた。オックスリーは少年が寝る前に話をし、眠るためには温めたミルクよりも効果があった。ヘンリーはオリジナルの名前を変え、"マット(のら犬やまぬけという意味)"と名乗るようになった。

アカトールを求める旅 編集

1957年、オックスリーはペルーナスカを旅した。彼は昔のスペイン人たちが"エル・ドラド(黄金郷)"と誤訳したアカトールの王国の発見を望んでいた。そこで彼は昼間にチャウチーヤ墓地へ行き、隠された部屋を発見する。それはコンキスタドール(スペインの征服者)のフランシスコ・デ・オレリャーナと6人の仲間のミイラだった。彼らは数百年前にアカトールを捜し求めて行方不明になった一行だった。彼らはアカトールの都市が全て純金でできているという誤った話を信じていた。

また、オックスはオレリャーナの死体の後ろに隠された異常に頭の長いスカルを発見した。スカルをアカトールの神殿に返したものにはスカルのパワーが得られるという古い伝説があった。オックスリーは事態の変化についてマリオンに知らせ、その手紙のスカルを見つけた興奮と情熱により、マリオンはオックスリーが心の病気であると誤解した(それはマリオンがペルーへ行く決断を助けた)。

しかし、スカルの目を長く見つめすぎたオックスリーはスカルの力により脳障害を起こした。オックスリーはスカルに関することだけをつぶやき、無意識に動いていた。スカルはオックスリーに、アカトールへスカルを返すように命令した。

スカルに誘導され、アカトールに到着すると、オックスリーは外の者からアカトールを守っているウガ族の戦士たちをスカルを使って避けることができた。この迷信深い原住民たちはスカルを見ただけで後退した。彼は神殿の入り口までたどり着いたが、そこは古代のオベリスクのメカニズムによって封鎖されており、ウガ族や他の者はそこには入れなかった。オックスリーは徒歩ではるばるチャウチーヤ墓地まで長旅を始めた。

だが、途中でオックスリーはイリーナ・スパルコが率いるロシアのKGBのチームがクリスタル・スカルを探し、アメリカを征服するのに利用しようとしていたことを知る。ロシア人たちの目的を理解したオックスリーは以前彼がそれを見つけた墓地(再び昼間に)にスカルを隠した。

彼はオレリャーナの死体の位置を変え、そこにスカルを隠した。また、秘密の出入り口を元に戻した。スカルはオックスリーがオベリスクの謎を解けなかったため、別の人間を見つけるように命令した。ナスカに戻ったオックスリーは地元の人間たちに精神不安定と考えられ、サナトリウムに入れられる。

オックスリーは収容されていた間、壁に複数の言語で"リターン(戻す)"と書いた。また、壁を埋め尽くすほどの数のスカルの絵を描いた。数日後、オックスはロシアの軍人チームから連れ出された。誘拐されたオックスリーはアマゾンのジャングルの中のソ連のキャンプへ運ばれた。イリーナ・スパルコは彼の支離滅裂な言動が少ししか理解できなかった。

利用されるオックス 編集

オックスリーの無意味な言葉を理解しなかった彼女はマリオンに絶滅したインカの方言で書かれた複数の図面を送らせた。手紙は故意に意味をなさないようにされた。彼女はマリオン・レイヴンウッドがこの意味不明な手紙を見てペルーに調査に来ることを期待した。罠は成功し、マリオンが到着するとすぐにスパルコの部下が彼女を捕まえる準備をしていた。

計画の第2段階ではレイヴンウッドが逃げて彼女の息子との接触の機会を作ることだった。スパルコはマリオンが手紙をアメリカに送ることを知っていた。少年が謎の手紙を読んでクリスタル・スカルの隠された場所を見つけることを望んでいた。これは予想通りに進んでいった。そしてマットがメッセージと必要な手がかりを得るとすぐにスパルコはレイヴンウッドをまた捕まえさせた。

しかし、マリオンは彼女が予想しないことをした。マリオンはマットに“墓泥棒”のインディアナ・ジョーンズに助けを求めて、手紙を翻訳してスカルを見つけ出すように息子に助言したのだった。スパルコははじめは気づかなかったが、コネティカット州にいる彼女のエージェントはジョーンズがマットに協力を始めたときに即座にインディアナを含む自分たちの計画を変更した。彼らは少年とインディを捕らえ、インディにスカルを探させるための人質としてマットを利用することにした。

2人のエージェントは彼らを捕まえることができなかった。そのため、彼らを個人的に対処するためにスパルコはチームを呼び出した。アントニン・ドフチェンコ率いるそのグループは隠れて行動し、密かにジョーンズの後をつけた。だが、インディアナはそれに気づくことなく仕事をしていた。

そして、オックスリーの手紙を手がかりにジョーンズとマットはチャウチーヤ墓地でスカルを発見した。ドフチェンコは2人をノックアウトしてアマゾンのロシア人キャンプまで運ぶように命令した。

再会 編集

数週間後に捕虜となっていたオックスリーは軍人たちによるキャンプでの夜間ダンスに参加した。彼は不安定なダンスに長い、音の出るチューブを持ってそれを楽しんだ。

ペルーでのサナトリウム投獄の間にオックスリーはオベリスクの謎を個人的に解いていた。オックスはそれをミルトンT.S.エリオットの詩に当てはめた。それ以来オックスは人に会うたびに表現のためにミルトンとエリオットの詩を引用したがスパルコはその比喩を理解できなかった。

ある夜、オックスダンスの途中で2人の軍人によって連れ出された。彼はスパルコとイスに縛られたインディアナ・ジョーンズのところに連れて行かれた。オックスリーの恐るべき振る舞いを見たジョーンズはこの旧友が単に芝居をしているだけなのを祈った。オックスリーがミルトン / エリオットの詩を暗唱し始めるとインディは個人的な記憶で彼の心を取り戻そうとした。そしてオックスリーはテントの外に出された。

オックスリーは1人で炎の横に立っていた。ジョーンズがクリスタル・スカルの目を見て交信を始めたとき、オックスはインディアナの本名を思い出した。ヘンリー・ジョーンズ・ジュニアと再会した(ロシア人と銃によってすでに会っていたが)オックスリーはジョーンズの名前を繰り返し、彼にオックスリーが正気を取り戻したかもしれないという希望を与えた。

次にオックスはもう1度アカトールへの道の詩を神殿の鍵と共に話した。ジョーンズはオックスリーが書いた表意文字からおよその道を考え出した。マリオン・レイヴンウッドとマット・ウィリアムズは教授と話そうとしたがオックスの目が2人を捉えることは無かった。オックスリーをおじのように愛していたマットはこの反応に深く傷ついた。

彼らはオックスの狂気の原因だと考えたロシア人に怒った。マットは彼の母親とジョーンズ、オックスリーが逃げ出す試みをした。彼らがジャングルまで逃れたとき、ジョーンズは動きの遅いオックスに文句を言った。一行が追跡の音を聞くために立ち止まると、インディとマリオンの足が乾いた流砂に沈んでいった。

マットが助けになるものを探しに行ったときにオックスリーは穴の側にしゃがみこんだ。ジョーンズはハロルドに助けを呼ぶように理解させた。彼はインディの指示に従って森を走り抜けた。そして最も近くにいた人々に―ロシア人に助けを求めた。穴(ジョーンズとマリオンはラットスネークを使ったマットによってすでに助かっていた)に戻ったオックスリーは誇らしげに“助け”の到着を告げた。

ロシア人からの脱出 編集

ロシアの乗り物からなる輸送団が翌日、アマゾンを通る旅を始めた。オックスリーはジョージ・マクヘイルと同じ"ダック"に乗った。先頭にジャングル・カッターが走り、道を開いていった。インディアナ・ジョーンズ、マット、及びマリオンがトラックの1つを奪ったとき、ジョーンズはジャングル・カッターを破壊するRPGバズーカを使用した。カッターは止まり、ロシア人たちの気はそらされた。スパルコが損害を把握するために止まったとき輸送団はしばらく停止した。そしてオックスリーは、彼の旧友がロシアのトラックで近づいてくるのを見ると、幸福そうに"ヘンリー・ジョーンズ…ジュニア"とつぶやいた。

スパルコは近づいてくるアメリカ人に対応するため、ジャングルを通るように命令した。このときオックスはクリスタル・スカルが入った麻の巾着袋を手に入れた。彼はジョーンズが"ダック"に飛び乗ったときそれを持っていた。ジョーンズが車から全ての軍人を落としたとき、地面の隆起によって車が高く跳ね上がった。宙を浮いたが重力の力によって必然的に地面に着地した。同時に手を離れた巾着袋は再びオックスリーの手に戻った。

インディアはマクヘイルにヘッドロックをかけた状態で運転した。スパルコを含む隣接する車は並んで走った。ロシア兵が巾着袋を奪うと、マクヘイルは妨害したが、その青年は叫ぶイリーナにそれを投げた。オックスリーはそれがまだ手元にあるかのように、保護者のように腕を揺すり続けていた。

つる植物をつたってきたマットはスパルコの車まで飛び、彼女を蹴り飛ばした。彼は袋をひったくるとインディのダックまでジャンプし、‘マスター’が戻るだけで満足なオックスリーのひざに袋を落とした。しかしその直後にダックは肉食性のシアフのアリ塚に激突した。近くの川に走り出すとオックスリーは心をかき乱された。また、アリから逃れるのに熱心なジョーンズ、マット、マリオン、及びジョージ・マクヘイルも共に走っていた。

しかし、この瞬間インディとオックスは飛び掛ってきたアントニン・ドフチェンコに絡まり、地面に倒れこんだ。次にジョーンズはドフチェンコとの1対1の戦いを始めた。2人が後ろで戦っている間にアリが迫り、それを見たオックスリーはすぐさまクリスタル・スカルを取り出した。スカルノ神秘的なエネルギーに驚いたシアフはスカルの近くを離れて通った。オックス、まだ戦っているドフチェンコ及びジョーンズを避けていった。ジョーンズがアントニンを殴って一瞬相手が動きを止めると、インディアナは拳を上げて静観した。ぼうっとして倒れた彼はシアフの群れに転倒した。アリはドフチェンコを巣穴に運び込んだ。したがってオックスリーの動作はジョーンズにとって非常に有効な援助だった。

次に、アリの群れが散っていくとジョーンズはオックスリーを運んだ。そして2人はマリオンが運転するダックに乗った。マットとマクヘイルが既に乗っていた。そしてレイヴンウッドはまっすぐ崖まで走った。車は木に引っかかりゆっくりと川に入った。水陸両用の(そのためこの名前)ダックは川を進んでいった。オックスは"3度落ちる"と繰り返した。彼が陸路で下った道をダックは滝から落下し、3度落ちると車は壊れた。だが乗っていた者たちは全員無事だった。彼らが落ちるとき車から飛び降りることによって助かったのだった。このすべてを通してもオックスリーのクリスタル・スカルは奇跡的に彼の手に残っていた。

冒険家の小さな一隊が川の岸で休息しているとき、オックスリーは水を隔てた岩壁に人の顔の形をした岩を見つけた。岩の顔の目を通って中に入るとアカトールへ続く秘密のトンネルに入った。オックスリーは他のものに警告した。一行は通路を通り抜け、部屋に入った。そこでは壁に上の世界から来た別の存在を示していた。そしてウガ族がアカトールの王国を建てる絵も現れた。天井には頭蓋骨の彫刻が刻まれていた。中にはウガ族の戦士が入っていた。彼らの仕事は侵入者が部屋に入ってくるまで眠り、入れば殺すことだった。

OxleySkullandUgha.jpg

戦士は彫刻から現れ、トンネルから出たジョーンズ、オックスリー、マット、マリオン及びマクヘイルを追いかけた。彼らは長い階段を下った。ちょうど一行がウガによって殺されかけたとき、オックスリーは初めてその場所に来た時と同じようにスカルを掲げた。ウガはオックスリーとスカルの両方を覚えており、彼らの任務がスカルを戻すことだと知り、神殿へ行くのを許可した。

アカトールの神殿 編集

ピラミッドの頂上に到達するとオックスリーは入り口を開く解決策を示した。オベリスクから砂を抜き取り、空洞を作ればオベリスクが沈み、上に上がる引き金になるのだった。彼らは砂を取り出し、インディ、マリオン、マット、マック、及びオックスの足の下で装置が動き始めた。

彼らは巨大な螺旋階段に落下した。そして段は即座に壁に収まって行った。彼らは落下死するのを避けるために急いで降りた。オックスリーが前にいたため、一行はかなり減速することになった。しかし、一行が動けなくなったとき、落下にしたが水によって彼らは助かった。

水に入ったオックスリーは暗い水にスカルを落としたため、手探りで探した。彼は動揺し、発見のために周囲を歩き回った。マットがスカルを拾うとオックスリーはそれに飛びついた。そしてかなりの安心した反応を示した。

一行はピラミッド内部を通って前へ進んでいった。13人の頭の長い人間に類似した生き物がアカトールの文明の協議会として勤めるのをあらわした壁画を見た。そして彼らは複数の訪問者から集めた歴史的に重要な遺物を置いた部屋に到達した。しかしオックスリーはそれらを気にせずに大きな赤い扉の前でとまった。ところが扉は開かなかった。ジョーンズはドアのくぼみにクリスタル・スカルを入れることによって次元を超越した人間の部屋に入った。

オックスは頭の欠けた1つの骨格に近づき、うやうやしくスカルを持ち上げた。オックスリーはそれが体に戻ることを言い、体に近づいたときにジョージ・マクヘイルが一行に銃を向けた。イリーナ・スパルコが玉座の謁見室に入り、嫌がるオックスリーからスカルを奪い取った。そしてスカルが体に戻ると、オックスは骸骨の声の変わりになった。

スパルコは宇宙の全ての秘密を自分に話すように要求した。その部屋(この部屋が宇宙船の司令室であることが明らかになった)は崩れ出し、回転した。この瞬間にスカルはオックスリーの脳から離れ、彼を正気に戻した。教授の心と人柄も戻った。マットがこの生き物たちを宇宙人ではないかと疑ったとき、オックスは彼らを"別次元の存在"と呼んで誤りを正した。

ジョーンズ、オックスリー、マリオン、及びマットは継続している破滅から逃れるために走った。ロシア人とマックは謁見室の天井に現れたミニチュアのブラックホールによってふらついていた。スパルコは骸骨の外観をしていた異次元の生き物たちが1つになって皮膚を回復するのを見ていた。

その間、オックスリーと他の者たちは崖の上から地球外の宇宙船(その上に神殿が建てられていた)が宙に浮き上がり、アカトールを破壊するのを目撃した。オックスがそれを足跡を消す箒だと表現するとジョーンズは彼らがどこに行ったかオックスに尋ねた。オックスリーは“空間と空間の間”と返答した。疲れきった冒険家が一休みするとオックスリーはマットが父親だと言ったインディアナを見た。オックスは長年気づかなかったマットと父親の関係に気づいた。

インディアナ・ジョーンズの結婚 編集

多くの時間が経過し、ひげをきれいにそったハロルド・オックスリーはジョーンズとレイヴンウッドの結婚式の参加者の1人となっていた。一同が拍手したとき、インディとマットの両方の意味でハロルドは“ヘンリー”を祝った。

性格と特徴 編集

オックスリーはインディアナ・ジョーンズに1つの話題で相手を眠らせるまで話すことができるといわれた。彼は過去に関して敬意と畏敬を抱く男であり、クリスタル・スカルには特別な関心を持っていた。

オックスリーは有力な証拠があるときでさえ、マット・ウィリアムズがインディアナ・ジョーンズの息子であるとは気づかなかったと(マリオンが妊娠していたとき、他の男性との付き合いはなかった)。

また、オックスは異なる現実が同時に存在しているという説の有力な支持者だった。

舞台裏 編集

ハロルド・オックスリーを演じたのは有名なイギリス俳優のジョン・ハートである。彼は『エイリアン』、『エレファント・マン』、『ヘルボーイ』、『ハリー・ポッターと賢者の石』及び『スペースボール』のカメオ出演などで知られる。

監督スティーヴン・スピルバーグはオックスリーの取り付かれた状態を宝島のキャラクターベン・ガンに当てはめるようにハートに促した。

登場作品 編集

参考 編集

脚注 編集

  1. インディ・ジョーンズ アルティメット・ガイド
  2. カタカナ表記は『インディ・ジョーンズ アルティメット・ガイド』に基づく。

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア