FANDOM


281.jpg
"...don't call me Junior!"
この記事のタイトルはニックネームです。 この記事では正式名称が不明でニックネームかコールサインでしか認識されていない、公式の情報を扱っています。関連した議論、あるいは記事自体の説明についてはトーク・ページをご覧ください。

ハーフ・ブリードHalf Breed)はフェドーラによって導かれた盗掘ギャングのメンバーである。フェドーラは1912年コロナドの十字架を見つけるためにユタ州の峡谷を探索した。十字架を発見したロスコーの興奮による叫び声はハーフ・ブリードを不快にした。インディアナ・ジョーンズが十字架を持ち去った後、彼はサーカス列車の上でインディを追いかけ戦った。戦いのときにハーフ・ブリードとラフ・ライダーは爬虫類用の列車に入り、しばらく動きを封じられた。そこから出た後、ライオン列車に落ちたインディを助けた。

その後、ハーフ・ブリードはフェドーラと仲間たちと共にジョーンズ宅に現れた。そして保安官パナマ帽のために十字架を取り戻した。

舞台裏 編集

インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』でハーフ・ブリードを演じたのはジェフ・オハコである。

キャラクターの本名は明らかにされていないが、映画のクレジットにはHalf Breed(混血)とある。映画の中でフェドーラは仲間の中の1人にアルフレッド(字幕にも吹き替えにも出ていないが、英語でAlfredと言っている。またジュニア小説版ではこの場面がある。)と呼びかけているが、ハーフ・ブリードなのか、ラフ・ライダーなのかは不明である。

ジュニア小説版では彼は「メガネ」として登場する。

登場作品 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki