FANDOM


「ハーマン、きみは、大人になったら、宣伝広告の世界に入るといいよ。」
インディアナ・ジョーンズ[出典]

ハーマン・ミューラーインディアナ・ジョーンズの少年時代の親友である。

経歴編集

ユタ州編集

ハーマンはボーイ・スカウトでインディと知り合う。ハーマンは自分を不器用だと考え、インディにあこがれていた。1912年アメリカユタ州でMr.ハヴロック隊長のボーイ・スカウトの演習の休憩中、インディと洞窟に入る。ハーマンは気乗りしなかったが、インディは進んでいく。その洞窟には横穴があった。そこから声が聞こえていた。ハーマンは気味悪がったが、インディはそちらに向かう。そこには盗掘者たちコロナドの十字架を掘り出していた。インディはハーマンに保安官を呼ぶように頼むと降りていった。

保安官を呼んだハーマンはインディの家を訪れる。ラッパを吹き鳴らし保安官を導く。保安官はインディから十字架を取り上げるとガースに渡した。ガースはロスコーに渡し、ロスコーは外にいるパナマ帽の男に渡した。ガースは自分が被っていたフェドーラ帽をインディに渡すと、保安官達と共にインディの家を後にした。

魔界の対決編集

イギリスでの冬休み編集

1913年、ハーマンはインディとイギリスの寄宿学校に通っていた。2人はレジー・ペングレーブをはじめとするイギリス人生徒達からいじめを受けていた。インディはじきにやられなくなったが、ハーマンには相変わらず嫌がらせがあった。特に冬休みの始まる前日こと、片付けの準備をしていると階段の途中に張ってあった縄にはーまんがつまずく。転落しそうになるハーマンをインディが掴み、助かった。インディは縄にレジーの名が書いてあるのを見て激怒する。インディはレジーに殴りかかり、校長に注意される。

2人は汽車に乗って駅で父親ハーマン・ミューラー・シニアヘンリー・ジョーンズ・シニアに会う。ハーマン・シニアはストーンヘンジの発掘をしていた。ハーマン、インディ、ヘンリー・シニアはあくどい妨害行為の謎を解く手伝いをしにきたのだった。ハーマンとインディはレジーの姿を見る。ハーマン・シニアはレジーの父親レジナルド・ペングレーブがストーンヘンジ発掘に反対しているということを聞く。

ストーンヘンジの謎編集

ミューラー氏の屋敷で食事を摂っているとき、窓から石が投げ込まれる。その石は紙にくるまれており、紙には警告が書いてあった。ハーマンはとうとうレジーのことを打ち明ける。

翌日4人はストーンヘンジに到着する。現場の作業員ストーンは前日、石が膨らみ火柱になったといった。そのとき、インディは巨石のひとつから血が滴るのを発見する。周りには足跡がなく、その血は石の下から落ちていた。インディは大人達に知らせたが、それを見た作業員達は逃げ出してしまう。家に戻ったインディは独自で調査を開始するため、ハーマンを連れ出し、町に出る。町でハーマンはお菓子を買おうとするが、店の少年にアメリカ人には売れないといわれてしまう。すべてレジーの差し金だった。

登場作品編集

この記事は書きかけです。あなたはこれを編集することによって私たちを助ける ことができます。何を足せばよいかのヒントについてはノートを参考にしてください。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki