FANDOM


ドロテオ・アランゴ・アランブラDoroteo Arango Arámbulaパンチョ・ビリャ[1] Pancho Villaとして知られる)は有名なメキシコ革命のリーダーである。革命軍のリーダーとして、彼はベヌスティアノ・カランサと共にビクトリアーノ・ウエルタの軍と戦った。やがてカランサはアメリカ大統領ウィルソン公認のメキシコ大統領となり、ビリャはカランサとも戦った。

パンチョ・ビリャとの冒険 編集

1916年3月、パンチョ・ビリャと彼の部下たちはインディアナ・ジョーンズといとこのフランクがちょうど夜明けにニューメキシコ州コロンバスに到着したときにここを襲撃した。インディアナはビリャの部下の1人が盗んで行ったドレスを取り戻すために襲撃者たちを追跡した。しかしジョーンズは捕獲され、他の囚人たちと共に銃殺されそうになる。

ビリャは銃殺を発見し、部下たちにやめるように命じた。ジョーンズは殺されず、ビリャは捕虜として彼をレミ・ボードワンホセ・ゴンサレスに任せた。ジョーンズは革命軍の仲間に加わり、ウィリアム・ランドルフ・ハーストの家を共に襲った。ビリャの最も信頼する部下の1人であったフリオ・カルデナスが米軍のジョン・J・パーシングの部下ジョージ・パットンに殺され、報復のためビリャはシウダー・ゲレーロの大胆な奇襲も含め、多くの町を攻撃した。

ジョーンズは初めは革命での冒険を楽しんでいたが、ホセ・ゴンサレスが死亡するとすぐに心を変え、ジョーンズとボードワンはビリャの戦いは自分たちの戦いではなかったと考え、革命軍を抜けた[2]

1957年、ジョーンズはケチュア語をビリャの部下の1人から学んだことをマット・ウィリアムズに説明し、ビリャの軍での経験を思い出した[3]

舞台裏 編集

ヤング・インディ・ジョーンズ ジャッカルの呪い』でパンチョ・ビリャを演じたのはマイク・モロフである。モロフの祖父は実際にメキシコ革命でビリャの軍の戦士だった。

登場作品 編集

参考 編集

脚注 編集

  1. カタカナ表記は『国境の銃声』に基づく。
  2. ジャッカルの呪い
  3. クリスタル・スカルの王国

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki