FANDOM


「今宵、多数の思いがけないお客様をお迎えするのは、幸いしごくに存じます。こちらはフィリップ・ブランバート大尉です」
チャタール・ラル[出典]

フィリップ・ジェームズ・ブランバートイギリスライフル部隊の大尉である。インドの視察にパンコット宮殿を訪れることがある。

経歴編集

パンコット編集

1935年、ブランバートと彼の部隊はパンコット宮殿に来ていた。チャタール・ラルの出迎えを受け、しばらくの間宮殿にとどまる。ちょうど同じ頃、考古学者インディアナ・ジョーンズ及び歌手のウィリー・スコット中国人少年ショート・ラウンドが宮殿を訪れた。インディはブランバートに宮殿に来る途中、呪物があったことを告げる。また芸術品を飾る部屋にもいくつかの呪いの品があった。ブランバートは再び破壊の神カーリーを祭る邪教集団が暗躍しているのではないかと懸念した。さらにその後のマハラジャザリム・シンとの晩餐会ではヒンズー教徒は食べないはずの肉が出た。ブランバートとインディはますます疑いを広めた。ブランバートはその日の翌日に帰る予定だった。だが次の日、帰る前に異常を知ったブランバートは急いで駆けつけ、カーリー教信者を谷越しに撃ち殺し、インディとモーラ・ラムの決闘を見守る。モーラ・ラムが負けると、インディを助け、イギリスに戻っていった。

舞台裏編集

ブランバートの役を演じたのはフィリップ・ストーンである。また、声優は北村弘一川久保潔石森達幸佐々木省三である。

レゴ インディ・ジョーンズ オリジナル アドベンチャーにはブランバートは登場せず、変わりにワニが全てのサギー教信者を噛み殺した。

登場作品編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki