FANDOM


ヘルマン・ヴィルヘルム・ゲーリングHermann Wilhelm Göring、 Goering とも書かれる)は第一次世界大戦の間、ドイツ人飛行機パイロットとして活躍し、第二次世界大戦の頃はナチの指揮官とドイツ空軍のトップを務めた。

経歴 編集

1916年9月、ゲーリングはヴェルダンの戦場の敵陣で複葉機を操縦していた。彼はバイクで走る伝令兵を発見する。そして追いかけるためにターンした。彼は機関銃を使用し、伝令が焼けた農家まで走ったときにゲーリングは爆弾を落とした。運転手を放り出したバイクは倒れて止まった。ゲーリングは伝令がまだ生きていることを確認すると彼に敬礼を送った。そして飛び去った。伝令兵は任務を続行するためにバイクに乗ると、走り出した。

舞台裏 編集

エピソード"1916年 9月 ベルダン"のときに登場した彼は無名であり、特定はできないがコミック版にはヘルマン・ゲーリングとして登場した。しかし、実際のゲーリングの写真にはこの時期にはひげを生やしていないことが確認できる。

登場作品 編集

参考 編集

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki