FANDOM


「あんないやな人はいないよ。あの人は正真正銘の魔女だよ。〝家庭教師〟というのは、イギリスでは〝拷問〟のことなんじゃないの?あんな人と一緒に行ったら、ぼくたちの旅行は台無しになっちゃうよ!」
インディアナ・ジョーンズ[出典]

ヘレン・マーガレット・シーモアイギリス人の家庭教師である。彼女はキリストに対して強い信仰心を持っていた。教え子のトーマス・エドワード・ロレンスとは対照的だった。またジョーンズ家ヘンリー・ジョーンズとその息子のインディアナ・ジョーンズを教えた。

経歴編集

ヘンリーの講演編集

ヘレンは19世紀後半オックスフォードでヘンリーを教えた。そして学者になったヘンリーが再び現れる。ヘンリーはヘレンに彼の息子のジュニアの家庭教師になってほしいといっていた。ヘンリーは世界一周の講演旅行に出かけることになっていた。その間、ジュニアの勉強の面倒を見る役を頼みに来たのだった。ジュニア(インディ)の失礼な態度を見たヘレンは断ったが、ヘンリーは世界の様々な名所の名前を挙げ、旅行につ入れ来れば、そういったところにいけると言った。最終的にヘレンはインディの家庭教師となった。

ヘレンはエジプトでインディとピラミッドの見学に行った。ヘレンは高い金を要求するガイドを無視していた。インディとピラミッドに上り、座る。そのとき、ガイドがらくだと食料、水を持っていなくなってしまった。ヘレンとインディは砂漠から戻ることができなくなってしまった。そのとき、自転車に乗った黒い影が現れる。その影の正体はT・E・ロレンスだった。ロレンスはヘレンのかつての教え子だった。彼は自転車で砂漠を旅していたのだった。3人で野宿となり、ロレンスは次の日にインディを王家の墓を発掘している現場に連れて行くことを約束した。翌日、ヘンリーの許可を得たインディをヘレンが連れて行く。ロレンスと合流し、船に乗る。船で着いた先には発掘現場があり、ロレンスの友人ラシッド・サラムがいた。発掘の指揮を執っている、ハワード・カーターと写真係のピエール・デュクロのテントに入る。カーターは新しく見つかった墓まで一行を案内する。それはカーという名の建築家だった。墓の中に入ったとき、奥から毒ガスが流れ出す。ガスが消えるまで待つことになり、夜の見張りにサラムがついた。

次の日の朝、サラムの死体が見つかる。体中が焦げていた。墓の中のジャッカル像もなくなっていた。犯人の動機を突き止めたヘレン、インディ、ロレンスは調査を始める。死体には粉がついていた。この粉は写真を撮るときに使うものだった。デュクロが容疑者だったが、彼はこの粉を使うものが他にもいると言った。それは爆破係のデメトリオスだった。一行はデメトリオスのテントに入る。そこには彼の荷物はなかった。ロレンスは自転車に乗り、デメトリオスを追って港へ向かった。しかし、ロレンスがついたとき、デメトリオスは出発した後だった。インディは1916年にデメトリオスと再会し、ジャッカル像を発見する。

ヘレンはアフリカでセオドア・ルーズベルトに出会う。インディはルーズベルトの友人になり、原住民の少年メトとも知り合う。インディはメトとオリックスが少なくなった理由を学んだ。インディはオリックスを狩ろうとするルーズベルトに狩るのは最小限にと懇願するのだった。

パリではヘレンはパブロ・ピカソの絵のモデルになる。

タイタニック号編集

1910年ジョーンズ一家は旅行から戻る。2年後1912年にはヘレンに莫大な財産が転がり込む。それはインドにいたいとこのロジャー・シーモアが死んだせいだった。それまで質素だったへレンがロジャーの残した遺産で大金持ちになり、贅沢なものを使うようになる。ヘレンにとって一番よい遺産はシャリマールのダイヤだった。インディはこの変化に驚いていた。ヘレンは世界一周の恩返しのため、インディをタイタニック号での海のたびに招待した。インディは船に乗る前にアーサー・コナン・ドイルに会う予定だった。それを済ませた後、インディはヘレンと汽車にの乗る。ダイヤをつけていたヘレンはオズモンド・ギルバートと名乗る男から声をかけられる。ギルバートはヘレンとダイヤを褒め称えた。

船に乗ってから数日ギルバートと仲の良くなったヘレンはついに彼の結婚の申し出を受ける。船の上で式を挙げることになっていた。ヘレンはギルバートに洗脳され、女性は政治に参加すべきでないという、今までとは正反対の意見になっていた。これにもインディは面食らった。

翌日の夜、インディはタイタニック号が沈みかけているということをヘレンに知らせる。救命ボートに向かおうとしていたヘレンの部屋にカルカッタ大学のカーン教授がインドのためにダイヤを取り返しに現れる。ナイフを持ったカーンにヘレンとインディはなすすべもなかった。そこへギルバートが現れ、カーンを蹴り倒す。カーンからナイフを取ったギルバートはヘレンとインディを殺そうとする。ギルバートは初めからダイヤが狙いでヘレンに近づいたのだった。それを聞いて怒ったヘレンはギルバートに攻撃し、気絶させる。カーンを助け起こし、ダイヤを渡した。だが、カーンは船を下りてからインドに返すように依頼した。ヘレンは聞き受け、救命ボートに乗る。ボートに乗ったヘレン、インディやオットー・デートリッヒなどのほかの乗客も救助された。それからのヘレンは昔と同様に派手ではない暮らしに戻った。

編集

インディの母親アンナはすでに死亡していたため、ヘレンが母親のような存在だった。しかし1918年、ヘレンはインフルエンザにかかる。ヘレンは悪化するヘンリーとインディの関係を心配していた。その関係を直すように手紙を残して死亡した。インディは戦争に出ていたため、彼女の最後は看取れなかった。インディとヘンリーが和解したのは1938年のことだった。

90代になったインディは頻繁にヘレンとの思い出がある冒険を話して聞かせていた。

登場作品編集

外部リンク編集

この記事は書きかけです。あなたはこれを編集することによって私たちを助ける ことができます。何を足せばよいかのヒントについてはノートを参考にしてください。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki