FANDOM


ウォルター・ドノヴァンの妻Wife of Walter Donovan)は1938年マンハッタンの自宅で夫と共にパーティを開いていた。彼女は夫が個人的なコレクションをある考古学者に見せているとき、パーティに戻るように促した。

同年に太陽の神殿でウォルターは死んだため、ミセス・ドノヴァンは未亡人となった。

舞台裏 編集

ドノヴァンの妻を演じたのはジュリアン・グローヴァーの現実での妻イスラ・ブレアである。映画のクレジットでは単に"ミセス・グローヴァー"と記名されたいる。

ミセス・ドノヴァンが夫とナチの関わりに気づいていたかどうかは不明である。

登場作品 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki