FANDOM


モンキー・マンMonkey Man)は1936年ナチスに雇われてカイロで働いたサル使いである。彼は目的の人物を追跡するのに自分のオマキザルを使用した。そして移動には頻繁にバイクを使用した。

経歴 編集

モンキー・マンは自分のサルの援助により、カイロの通りを歩くインディアナ・ジョーンズマリオン・レイヴンウッドを監視した。ナチスのエージェントたちは2人を襲撃し、レイヴンウッドを連れ去る。ジョーンズはレイヴンウッドが死んだと勘違いし、友人のサラーと共にラーの杖飾りの古い文字を解読するため、イマムの家に入った。モンキー・マンはイマムの弟子アブが台所を離れた隙に家に忍び込み、2人を殺害するためにナツメヤシのボールに毒を入れた。ジョーンズとサラーはそれに気づいていなかったが、モンキー・マンのサルがそれを食べたことによってサルは死亡してしまう。そのため、モンキー・マンの計画は阻まれ、2人は生き延びた[1]

舞台裏 編集

モンキー・マンの役を演じたのはヴィック・タブリアンである。

モンキー・マンの役目はジョージ・ルーカスの『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』に登場するガリンダンに似ている。彼は砂漠のタトゥイーンで帝国に雇われ、主人公たちを追いかけ密告し帝国はハリソン・フォードハン・ソロ)を攻撃するからである。

登場作品 編集

参考 編集

脚注 編集

  1. レイダース/失われたアーク《聖櫃》

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki