FANDOM



「それから、あの天気の悪さがある・・・・・」
―『移動祝祭日』アーネスト・ヘミングウェイ[出典]

ヤング・インディ・ジョーンズ マタハリの恋は著者村松潔の『ヤング・インディ・ジョーンズ』の第3弾である。また、第2弾は『ヤング・インディ・ジョーンズ 国境の銃声』、第4弾は『ヤング・インディ・ジョーンズ 戦下の別離』である。

ストーリー編集

泥と硝煙の最前線から束の間の休暇を得て目にしたパリは別天地だった。女たちは脚を絹のストッキングで包み、春のように香しい。友人レミが娼館に急ぐのを見送ったインディも、雄心抑えがたい。そして、謎の美女マタハリとの出会い。彼女によって男になり、同時に嫉妬というものを知らされる。(ヤング・インディ・ジョーンズ マタハリの恋 逢坂剛の解説より)

登場人物 編集

関連項目編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki