FANDOM


ヤング・インディ・ジョーンズ 国境の銃声は著者中井紀夫の『ヤング・インディ・ジョーンズ』の第2弾である。また、第1弾は『ヤング・インディ・ジョーンズ ジャッカルの呪い』、第3弾は『ヤング・インディ・ジョーンズ マタハリの恋』である。

ストーリー編集

エジプトの事件から八年後、インディはもう十六歳だ。冒険か、きれいなセニョリータかそれともその両方を求めて辺境の町に着いたとたん、山賊まがいのパンチョ・ビリャの一味と遭遇、土くさい革命の渦中に投げこまれる。凄絶な戦闘、友人の死、裏切り、そこで見たすべてが冒険家として生きる道を決定する。(ヤング・インディ・ジョーンズ 国境の銃声 船戸与一の解説より)

登場人物 編集

関連項目編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki