FANDOM



「人類と地球の存続のために、たったひとつだけ残されている希望があるとすれば、それは、社会全体で女性の価値観を採りいれることである」
―ドーラ・ラッセル[出典]

ヤング・インディ・ジョーンズ 戦下の別離は著者友成純一の『ヤング・インディ・ジョーンズ』の第4弾である。また、第3弾は『ヤング・インディ・ジョーンズ マタハリの恋』、第5弾は『ヤング・インディ・ジョーンズ 最後の伝令』である。

ストーリー編集

ロンドンに現れたインディは名前と年齢を偽ってベルギー軍に志願した。メキシコで革命の生の姿を見たあとでは、ヨーロッパの戦線で自由のために戦うのがより切実な使命だと思われたのだ。が、市中にあふれる魅力的な未亡人にもつい目が行く。そんな気分でバスの女車掌の後を追うと婦人参政権論者の集会で・・・ (ヤング・インディ・ジョーンズ 戦下の別離 西木正明の解説より)

登場人物 編集

関連項目編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki