FANDOM


ヤング・インディ・ジョーンズ 東洋の秘術は著者横田順彌の『ヤング・インディ・ジョーンズ』の第9弾である。また、第8弾は『ヤング・インディ・ジョーンズ 皇帝の密使』、第10弾は『ヤング・インディ・ジョーンズ 硝煙の詩』である。

ストーリー編集

はじめてのアジア、それも〝眠れる獅子〟中国の混沌に足を踏み入れた少年インディ、仕事のある父は北京に残し、母と家庭教師、それと通訳の四人で出かけた見学の旅で、万里の長城、孔子の墓と名所旧跡をまわるうちに突然の嵐、おまけにインディは毒グモに咬まれ、高熱を発して死線をさまよう。そこへ名医登場・・・

(ヤング・インディ・ジョーンズ 東洋の秘術 伴野朗の解説より)

登場人物 編集

関連項目編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki