FANDOM


「死とは・・・・・・生に課せられたる義務のひとつ」
―セネカ[出典]

ヤング・インディ・ジョーンズ 硝煙の詩は著者川又千秋の『ヤング・インディ・ジョーンズ』の第10弾である。また、第9弾は『ヤング・インディ・ジョーンズ 東洋の秘術』、第11弾は『ヤング・インディ・ジョーンズ 脱走大作戦』である。

ストーリー編集

英仏連合軍が62万の犠牲者を出したソンムの戦い。将校が全員死亡し、伍長のインディがベルギー部隊を率いるが、独軍の毒ガスと火炎放射の前になすすべもない。一日の休暇を得たアミアンの町で、インディは二人のイギリス人に会う。その一人サスーンが手帳に書きとめた「戦場詩集」で、戦争観が一変する…(ヤング・インディ・ジョーンズ 硝煙の詩 多島斗志之の解説より)

登場人物 編集

関連項目編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki